EEG基礎

近年の脳科学の急速な進歩により,脳の活動の様子を容易にとらえられるようになってきている.
またMRI(Magnetic Resonance Imaging) 装置やfNIRS(functional Near-infraredSpectroscopy) 装置
などの非侵襲脳機能計測装置の発展に伴い,ヒトの脳機能に関する研究が活発化している.
EEG(Electroencephalogram) も非侵襲的に脳活動を測定できる装置であり,脳の神経活動によって
生じる超微小電位を頭皮上から観測するものである.EEG を用いた研究はイメージするだけで機械
を動かす技術「BMI(Brain Machine Interface)」の分野で盛んに行われている.EEG で計測する脳
波は様々な要因から影響を受け,正しい測定にはある程度の知識と技術が必要である.本稿では測定
対象である脳波と,研究室内で用いるgtec 社のEEG について言及する.

IS Report No. 2015101405

脳波,EEG,脳波計測,ERP,国際10-20 法

Wekaを用いた機械学習入門 

全世界のデータ量は1 日にエキサバイト単位で増加している.そのため,これらのビッグデータをも
とに誰もがコーディングを必要とせず,機械学習やデータマイニングを行うソフトウェアであるWeka
(Weka:Waikato Environment for Knowledge Analysis)が注目を集めている.本稿ではこのニュー
ジーランドのWaikato 大学が開発を行ったWeka の導入方法,操作方法に関して述べる.なお本稿は
「フリーソフトではじめる機械学習入門」(森北出版株式会社)1) ) を参考に作成している.

20160307 weka