代替燃料自動車の行方

IS Report No. 2016042813
20160625 snakamura

地球温暖化や化石燃料枯渇問題によって,化石燃料を用いた自動車から代替燃料を用いた自動車にシ
フトしていく動きがみられる.この自動車は走行中に排気ガスを排出しないため環境によいとされて
いる.その自動車の現在の姿を捉え,問題点を一つひとつ探し出し,今後どのような技術が進歩して
いくかを考える.また,その中でも特に電気自動車が広く普及していくと予想し,その自動車の近い
未来とさらにその先の未来を考える.

代替燃料自動車,デュアルカーボンバッテリー,非接触充電

ヒト型ロボット

IS Report No. 2016042814
20160625 mnishizawa

近年,介護や教育,商業など様々な場面でヒト型ロボットは活躍している.しかし,人間はヒト型ロ
ボットに対して冷たいと感じたり,不気味だと感じてしまうことがある.この現象はヒト型ロボット
の外見と機能のギャップが原因である.社会の様々なニーズに対応するため,そして人間を脳科学だ
けでなく工学的な分野から解明するためにも,ヒト型ロボットは必要である.こうしたヒト型ロボッ
トの必要性を担うために,人間により似せる技術の開発・研究が行われている.今後,技術は発展し,
人間とロボットが協働・共生をする社会が実現可能になると考えられる.

ヒト型ロボット,不気味の谷,アンドロイド,表情生成システム,対話生成システム,ASIMO,MEEBO

驚くべき医療のマイクロロボット

IS Report No. 2016042810
20160625 mmizuno

低侵襲医療の実現と医師の手では届かない細部の治療を行うため,マイクロロボットの開発が行われ
ている.医療におけるマイクロロボットは,小さいだけでなく,安全なものが求められている.ヒド
ロゲルという素材が注目されており,素材の特性だけで細胞を掴み取ることができるようになった.
また,血管を通るサイズのロボットを低コストで作製することができるようになった.現在,磁性粒
子を埋め込み,目的部位に遠隔で誘導することが考えられている.

Virtual Reality

IS Report No. 2016042812
20160625 knakamura

近年,高性能かつ安価なHMDの登場により,VR技術が技術的にも社会的にも注目されるようになっ
た.VR技術を用いたシステムは,シミュレーションされた仮想空間とユーザーとをつなぎ,ユーザー
に現実感を感じさせることが目的である.ユーザーに提示する情報により現実感を持たせ,ストレス
なくシステムを利用するために,様々な技術が開発されている.その一方,現状での課題も数多く存
在している.これらの課題の解決により,さらなるVR の発展が期待できる.

USBの今後

IS Report No. 2016042807
20160625 kkobayashi

 近年,ビデオデータなどの扱うデータのサイズは急増してきており,データを転送するインターフェー
スの転送速度の向上が必要とされる.現在,様々なインターフェースが存在する中で,USB(Universal
Serial Bus) は最も普及しているインターフェースである.最新の規格では1 種類のUSB ケーブルの
みでデータの転送やデバイスの充電,映像出力などが可能であるため,様々な種類のケーブルがUSB
ケーブルに統一されることが期待される.

ブロックチェーン

IS Report No. 2016042817
20160625 jtanaka

既存のオンラインで行われる取引は整合性・保証を行う機関に権力が集中するという問題があった.
ブロックチェーンはPeer to Peer ネットワークを応用し,中央集権を置かずして信憑性のある合意
に到達する方法を可能にする技術である.Bitcoin などの暗号通貨の基礎技術として2008 年に発表さ
れた.独特なデータ構造や報酬参加型のデータ管理方法で取引データを管理し,パブリックなネット
ワークでもその安全性が保たれるような仕組みをとっている.暗号通貨のだけでなく,様々な分野で
の応用が期待されている.

ブロックチェーン,Peer to Peer,Bitcoin,暗号学的ハッシュ関数,Proof of Work

生活とIoT

IS Report No. 2016042815
20160625 iokumura

2000 年頃にIoT の構想はされていたが,インフラが整っておらず実用にまで至っていなかった.近
年IoT が注目されているのはセンサ,無線ネットワーク,クラウドの技術が向上し,また組織の規模
に関わらず開発が可能となったことが背景にある.今後はさらなる技術向上によって,自動車や住宅,
家電製品など全てがインターネットに接続され,生活の質の向上や少子高齢化,自然災害といった社
会的課題の解決に繋がることが期待されている.
キーワード: IoT,センサ,ネットワーク,クラウド

音声操作

IS Report 2016042811
20160625 nnakagawa

音声操作の基幹技術である音声認識技術には,統計的手法が用いられている.
入力音声に対して最も高い確率が得られる単語列を,大量のデータから作成した音声認識のモデルを用いて探索している.
しかし近年では,従来のHMM(Hidden Markov Model: 隠れマルコフモデル)を凌ぐ識別精度を誇るDNN(Deep Neural Network)などの
深層学習を用いた音響モデルが注目されており,今後も音声認識のさらなる発展が期待される.

脳波センサZAとg.USBampの比較

本稿ではプロアシスト社製の脳波センサ「脳波センサZA」とg.tec 社のEEG の比較を行う.比較は
前頭葉の1CH で計測されたデータとその周波数成分で行った.比較のために行った2 つの脳波計と
実験の概要について以下で述べる.

IS Report No. 2016052701

20160625 ishihara
脳波,EEG,g.tec,