神経可塑性

IS Report No. 2018042107
20180809stanaka

神経可塑性とは,内外の環境に応じて神経が機能的・構造的変化を引き起こす性質である.
長らく神経科学界においては,特定の機能と脳の領域は強く固定されていると考えられ,脳の変化や回復といった事例は単なる例外だとみなされてきた.
しかし1970年代以降,神経可塑性は脳の複雑かつ多面的な特性として広く支持されるようになり,近年では生体イメージング技術の進歩から,脳は一生を通じ,あらゆる行動や経験により変化することが判明している