作成者別アーカイブ: syoshitake

Research Complex事業 第4回人材育成フレームワークレクチャー

2017年7月13日(木)に同志社大学 学研都市キャンパス 快風館にてResearch Complex事業 第4回人材育成フレームワークレクチャーが開催されました.本研究室からはM2の石原 知憲が参加し,ポスター形式で発表しました.発表題目は以下の通りです. ◆「EEGを用いた運動想起型BCIにおける最適な電極配置と周波数帯域の検討」   石原知憲,日和悟,廣安知之 けいはんなリサーチコンプレックス事業では,フレームワークレクチャーを通じ大学・研究機関の研究者が進める研究内容や,研究が目指す未来像などを交流する機会を設けています.第4回目となる本発表会では奈良工業高等専門学校 情報工学科の松村 准教授と,奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科の神原 准教授の講演を拝聴しました.京阪奈地域進められている他分野の研究や高校生が行っている研究を拝聴し,自分の研究を進める上でいい刺激となりました. 今回の発表会は私にとって5回目の国内での発表会ということもあり,緊張することもなく発表することができました.発表時間は短かったものの沢山の方に発表を聞きに来ていただき,自分の研究を聞いていただくことができました.また自分の研究を見直すいい機会にもなりました.また学会に参加できるように毎日の研究に励むと同時に,研究室全体が盛り上がるように日々精進していきたいと考えています.   【文責:M2 石原】

カテゴリー: 国内学会 | コメントをどうぞ

7月イブニングセミナー

7月12日(水)に株式会社ファインネットワールド代表取締役 赤木広紀さんと廣安先生によるイブニングセミナーが開催されました.講演は2部構成となっており,赤木さんにコーチングとは何かというお話と廣安先生とのインタビュー形式でコーチング実践をして頂きました.本研究室では学生自身でコーチングを行っており,昨年のイブニングセミナーやコーチングサークルにおいても赤木さんからコーチングの話をして頂きました.初めてコーチングの話を聴く4年生に,いつも行っているコーチングの意義が伝わったと思います. 一人の人間の中には二人の自分がいて,指示,命令するself1とその声に従うself2が存在します.コーチングとは,うまくいかない,どうしようといったようなself1の足を引っ張る声を減らし,相手の能力を引き出す行為だということを改めて学ぶことができました.その際に,相手がどんなことに興味,関心をもっているのだろうと思い,傾聴する姿勢が大事だそうです. 廣安先生とのインタビュー形式のコーチングは,特にテーマは決まっていたわけではなく,廣安先生の学生時代のお話や研究室に対しての想いなど,今まで聴いたことがないお話が引き出されてとても新鮮でした.その中でも,研究活動において自主性を重んじているというお話が印象に残りました.研究室に所属するまでは,正確に早く答えを求められることや,言われたことを忠実に行うことが良いとされてきたように感じます.そのため,研究活動を行った当初は答えがないことに悩んだものの,自主的に考え,成長できる機会の大切さに今回お話を聴いて気づくことができました. 今回のイブニングセミナーをきっかけに,コーチングへの取り組み方や研究活動への取り組み方を改めて見直す機会となりました.赤木さん,廣安先生ありがとうございました. 【文責:M2 片山】

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

2017年度学内高校見学会

6月3日(土)に,同志社大学京田辺キャンパス医心館にて,学内高校見学会が行われました.10人に分かれた高校生1グループにつき15分,計3グループに研究室の紹介,光トポグラフィ装置を用いた実験を行いました.高校生の中から実験に参加してくれる人を募って実験を行いましたが,立候補してくれた高校生もおり,スムーズに実験を行うことができました. また,実験では暗算課題を用いて脳活動をリアルタイムで見てもらうことで,問題が難しくなるにつれて脳活動が活発になる様子が分かり,高校生も興味を持ってくれたと思います.積極的に質問をしてくれた人もいて,この医療情報システム研究室について知ってもらえるいい機会になったと思います.このような機会で医情報学科や研究室について知ってもらうことで,少しでも興味を持ってもらい,将来について考えてもらえたらいいなと思います. また,私自身もこの経験により,研究内容について知らない人にどうしたらわかりやすく説明できるかを学ぶことができました.これからの発表などにも活かしていきたいと思います.    【文責:B4 山本】

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

第6回同志社大学先端医工学研究センターシンポジウム2016年度研究成果報告会

2017年4月15日(土)から同志社大学京田辺キャンパスの医心館にて第6回同志社大学先端医工学研究センターシンポジウム2016年度研究成果報告会が開催されました.本研究室からは廣安 知之先生,日和 悟先生,修士1年の小林が参加し,修士1年の小林がポスター形式で発表しました.発表題目は以下の通りです. 「培養角膜内皮細胞の扁平率による細胞品質評価」 小林渓太郎,奥村直毅,日和悟,廣安知之,小泉範子 本シンポジウムは生命医科学部の小泉先生がセンター長をされている,先端医工学研究センターの主催で行われました.同センターで行われている研究についてのポスター発表やセンター長の小泉先生,センター副長の奥村先生,大阪大学微生物病研究所の伊川先生の講演を拝聴しました.本シンポジウムは角膜再生医療の実用化と国際的な普及に向けた研究開発,そして角膜移植に代わる薬物療法の開発を目指した研究開発を研究テーマとした研究成果の報告会でした.多くの角膜障害に対しての研究成果を拝聴することができ,非常に有意義な時間となりました. 私にとって初めての学会ということもあり,簡潔に伝えることができませんでした.しかし,同センターで研究を行っている方々に興味を持って頂き,ご指摘を頂くことができたことに,研究者としての成長ができたと感じました.また,実際にデモ映像を見せるなどして,聞いていただく方々にアピールし,印象に残ってもらうようにすることの大切さを学びました. 最後に本シンポジウム酸化にあたり,お忙しい中ご指導ご指摘を頂いた同研究室の廣安先生,日和先生,画像処理班の皆様,学生の皆様,ティッシュエンジニアリング研究室の小泉先生,奥村先生,学生の方々,大変お世話になりました.この場を借りて厚く御礼申し上げます.今回の本シンポジウムで得られた課題,経験,アドバイス,反省点を今後の研究や発表に活かしていきたいと思います. 【文責:M1 小林】 学会参加報告書   報告者氏名   小林渓太郎 発表論文タイトル 培養角膜内皮細胞の扁平率による細胞品質評価 発表論文英タイトル Cell quality evaluation of corneal endothelial cells by flattening 著者 小林渓太郎,奥村直毅,日和悟,廣安知之,小泉範子 主催 同志社大学先端医工学研究センター 講演会名 第6回同志社大学先端医工学研究センターシンポジウム2016年度研究成果報告会 会場 同志社大学京田辺キャンパス 医心館4階N-A,N-B 開催日程 2017/04/15     講演会の詳細 … 続きを読む

カテゴリー: 国内学会, 学会 | コメントをどうぞ

2016年度卒論審査会

2017年2月21日(火)に卒業論文審査会が開催されました.発表題目は以下の通りです. 「数息観時における脳状態の個人内ばらつきの検討」相本武瑠 「瞑想中の前頭部脳活動のfNIRSによる分析」藤井聖香 「Psychomoter Vigilance Taskにおける注意状態のEEGによる脳活動の検討」藤原侑亮 「安静時と瞑想時のfMRIによる脳活動の検討」郷彩乃 「非公開」池田幸樹 「非公開」石田翔也 「培養角膜内皮細胞の扁平率による細胞品質評価」小林渓太郎 「生体スキャナーの知的レベルの向上と設計」三浦侑子 「同期タッピング課題を用いた協調行動時における脳機能ネットワークの検討」水野めぐみ 「マインドフルネス瞑想中のの脳機能ネットワーク解析」三好巧真 「瞑想による脳状態の変化とゆらぎの関連性の検討」中川夏綺 「SLICとNormalized Cutを用いた脳アトラス作成手法の提案」中村圭佑 「自動車運転時の眼球運動の計測と解析」中村清志郎 「生体情報を用いた自動運転システムの構築–生体情報に基づく自動運転と手動運転の選択方法—」中野太朗 「持続的注意に関わる脳機能のfNIRSによる検討」西澤美結 「生体情報を用いた瞑想状態の判定アプリケーションの開発」奥村郁子 「非公開」下田恵美子 「非公開」田中潤也 「脳神経繊維ファントムを用いた拡散協調画像の撮像パラメータの検討」矢竹翼 「EEGを用いた脳活動データによる運動想起と柔道競技力の相関の検討」吉田鴻詩 普段の月例発表会とは異なり,他の研究室の先生方や学生の前での発表でした.資料を作成する中で,研究内容を知らない人に研究の要点や面白さを伝える難しさを改めて実感しました.発表に向けて先生方とディスカッションを行い,先輩方にアドバイスをいただき,1年間の集大成を納めることができました.また,他の研究室の発表も最後まで聞くことができ,MISLの良さも実感できました. 審査会当日は,粉雪が舞っており寒い早朝から始まりました.早朝から発表準備をしてくださった先輩方,当日参加してくださった皆様に感謝いたします.      【文責:B4 池田】

カテゴリー: イベント, 学内, 発表会 | コメントをどうぞ

2016年度修士論文諮問会

2017年1月31日,同志社大学大学院 生命医科学研究科 修士論文諮問会が開催されました. 本研究室からはM2の7名が以下のタイトルで発表しました. 1.後藤優大:生体内角膜内皮細胞画像の広域画像生成と状態評価 2.村上晶穂:ヒトの協調作業時におけるfNIRSを用いた脳機能の検討 3.西田潤:高次元データ識別のための遺伝的アルゴリズムによる次元削減法の提案 4.田中勇人:照明環境と表示媒体が視覚的注意に及ぼす影響のfNIRSを用いた脳機能的検討 5.田中那智:腹腔鏡画像における腸間膜内走行血管の画像処理による検出法 6.信楽慧:【非公開】 7.田村凌大:【非公開】 7名全員が無事に発表することができました. 緊張したり,様々な分野の先生方からの質問に戸惑う場面もありましたが、全員が自分の研究に自信を持ちながら,精一杯伝えることができたと思います. 私たちM2は4月から社会人となります.研究を通して学んだことを活かして立派な社会人になりたいと思っています. 最後に,これまで多くのご指導をしていただいた廣安先生,日和先生,そして研究室の皆様に大変感謝しています.本当にありがとうございました.           【文責:M2 村上 】

カテゴリー: 学内, 発表会 | コメントをどうぞ

第63回月例発表会

12月20日(火)に第63回月例発表会が開催されました. 発表の順番,テーマは以下の通りです 三好巧真 fMRIを用いた瞑想時の脳状態と唾液コルチゾールの濃度の検討 藤井聖香 fNIRSを用いた瞑想中の脳活動とゆらぎの関係性 下田恵美子 【非公開】 西澤美結 fNIRSにおける注意状態変化時の脳機能の検討 小林渓太郎 培養角膜内皮細胞の画像による品質評価 ~定量的品質指標(楕円率)の自動抽出~ 池田幸樹 【非公開】 郷彩乃 数息瞑想時におけるマインドワンダリング状態時の脳機能の検討 相本武瑠 数息観における脳状態のばらつきの評価 中川夏綺 数息観を用いた人の状態とゆらぎの関連性の検討 奥村郁子 簡易型fNIRSを用いた緊張と脳血流状態の判定アプリケーションの開発 田中潤也 【非公開】 矢竹翼 脳神経線維を模擬したファントムの作成と神経追跡手法の検討 中村圭祐 脳領域分割の評価方法の検討 藤原侑亮 Psychomotor Vigilance Taskにおける注意状態の脳活動の検討 中村清志郎 運転動画提示時における眼球運動の検討 水野めぐみ 協調行動時における行動制御機能ネットワークの検討 中野太朗 生体情報を用いたASVの検討 以上17名(B4)による発表でした.今回の月例発表会では卒業論文の提出に向けて,B4それぞれが頑張って努力した成果について発表しました.発表に向けて,夜遅くまで研究室に残って準備を進める人,ギリギリまで結果を出すのに努力する人が沢山いました.発表においては前回の月例発表会よりも人前で話すときはハキハキと話して,またスライドの構成も工夫したようで「人に伝える」といった面で各々が成長を感じられた様子でした.先輩のアドバイスや先生方からの助言を受けて,より一層良い卒業論文が書けるようにB4一同尽力を尽くしていきます.    【文責:B4矢竹 】

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

生体医工学シンポジウム2016

生体医工学シンポジウム2016が2016年9月17日~18日にかけて北海道の旭川にある旭川市大雪クリスタルホールで開催されました.本学会は、生体医工学分野の発展の一助とするため研究者間のコミュニケーションの場の提供,理工系・医学系研究者の研究活動促進,若手研究者の本分野への勧誘,迅速な研究成果報告の機会の提供を目的に開催されています.本研究室からは,廣安先生,日和先生,横山(M1),石原(M1)の4名が参加しました.発表形式はショートプレゼンとポスター発表でした.発表題目は以下の通りです. 石原知憲 「EEG-BCIを用いた異なる運動想起方法における脳活動の検討」 横山宗平 「脳神経線維を模擬したファントムの作成と神経追跡結果の検討ーcrossing走行の検討ー」 発表では私たちの研究分野に詳しい方から,まったく別分野の方まで,様々な分野の方々にポスターにお越しいただき,発表を聞いていただくことができました. 今回の学会は私にとって二回目の研究発表を行う場であり,他大学の先生方へ向けての発表は初めてだったため,緊張した部分もありましたが自分の研究の改善点や足りない部分を再認識することができました.今回の学会では自分の所属する研究室で扱っているような脳活動を用いた研究が多数発表されており,自分の分野に対する知見を広げることもできました.また似たようなテーマを扱っている研究発表を聞くことで自分の研究に自信を持つことができ,研究に対するモチベーションが高まりました.今回の学会でいただいたご指摘を反省し,次回の学会でより良い成果を発表できるように,毎日の研究に励みたいと思います. また学会参加中,JR旭川駅前で「北の恵 駅マルシェ」が開催されており,北海道の秋の味覚を堪能することができ,学会以外の時間でも大変有意義な時間を過ごすことができました.     【文責:M1石原】

カテゴリー: 国内学会 | コメントをどうぞ

第58回月例発表会

8月2日(火)に第58回月例発表会が開催されました. 発表の順番,テーマは以下の通りです. 1. 石原 知憲:EEG-BCIを用いた異なる運動想起方法における脳活動の検討 2. 和田 寛 :情動刺激提示時における脳活動と眼球運動の関係性の検討 3. 片山 朋香:雑音環境が記憶作業時の脳血流変化と成績に及ぼす影響の検討 4. 吉武 沙規:fNIRSデータにおける最適化血流変化モデルを用いた解析方法の検討 5. 玉城 貴也:【非公開】 6. 横山 宗平:脳神経線維を模擬したファントムの作成と神経追跡結果の検討 -crossing走行の検討- 7. 郡 悠希 :【非公開】 8. 岡田 雄斗:【非公開】 9. 石田 直也:【非公開】 以上9名による発表でした. 今回の月例発表会は卒業論文審査会以来の研究発表でした. 卒業論文審査会から研究内容が変わった人,直前まで学会に参加していた人など,様々な状況の人がいました. しかし,進学してからの研究成果を伝えるため,発表者全員が前日の夜遅くまで残り準備をしていました. そのため,初めて発表を聞くB4にもわかりやすい発表ができたと思います. また,B4からの質問も多く活気のある良い発表会であったと思います. 今回発表で頂いた質問,意見,指摘を参考にして研究に取り組んでいきたいと思います.    【文責:M1横山】

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

第19回日本光脳機能イメージング学会

2016年7月23日,星稜会館にて開催された第19回日本光脳機能イメージング学会に参加してきました.本研究室からは私の他にB4の藤井さんが参加し,ポスター発表を行いました.また,日和先生と横内先生も参加されました.発表題目は以下の通りです. 吉武 沙規:GLM analysis to fNIRS data during N-back task using adaptive HRF 藤井聖香:fNIRS による瞑想中の脳活動の計測 両名とも多くの方に興味を持っていただくことができ,たくさんの質問をいただきました.初めての発表でしたが,1つ1つの質問になんとか答えることができ,たくさんの意見をいただくことも出来ました.議論を行えたことで,自分の研究により将来何が可能になるのか,課題に対してこれからどのようなことを行えばよりよい研究ができるのかが少しわかってきたように感じました.藤井さんも多くの方との話し合いができたようで,とても有意義な時間を過ごすことができました. この学会ではfNIRSを使用した様々な研究が行われており,同じ装置を使用して全く異なる内容の研究を行っており,興味を持てる発表が多くありました.幼児期から利用できる特徴を生かした研究では成長により使用脳部位が変わるなど今まで知らなかった知識を得ることもできました.   【文責:M1吉武 】

カテゴリー: 国内学会, 学会 | コメントをどうぞ