作成者別アーカイブ: Seishiro Nakamura

日本光脳機能イメージング学会 第20回学術集会

2017年7月15日(土)に東京都千代田区永田町の星陵会館にて日本光脳機能イメージング学会第20回学術集会が開催されました.本研究室からは廣安先生,M1の中村(清),西澤,池田が参加しました.各学生がポスター発表,約2分のフラッシュトークにて自身の研究成果を発表しました.発表題目は以下のとおりです. ◆「ワーキングメモリ課題時における賦活脳領域の検討 –fNIRSとfMRIの比較-」   池田幸樹,日和悟,廣安知之 ◆「持続的注意課題時におけるfNIRSを用いた脳状態の遷移の検討」   西澤美結,日和悟,廣安知之 ◆「自動車運転動画視聴時の脳活動のfNIRSによる検討」   中村清志郎,日和悟,廣安知之 光脳機能イメージング学会は,まだ歴史の浅い光による脳機能計測法の基礎研究を深め,光脳機能イメージング法に関心の高い研究者間の情報交換の場と研究を促進するための機会を提供する場です.基礎研究や医療応用の研究など様々な発表があり,興味深かったです.ポスター発表では,3名ともたくさんの方にポスターを見に来ていただくことができました.また,fNIRSを知っている方が多いこともあり深い議論や研究のアドバイスをいただくことができました.いただいた意見やアドバイスを研究室で共有し,研究に反映させていきたいです.学会終了後は,OBの方と合流し楽しい時間を過ごすことができました. 【文責:M1 池田】

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

第68回月例発表会

6月17日(土)にIN223Nにて第68回月例発表会が開催されました.発表者は6月25日から開催されるOHBM2017に参加する学生13名と日和先生でした. 発表題目は以下の通りです. 萩原里奈:Classification of brain states using functional data obtained during a mental arithmetic task 石原知憲:Optimizing electrode placement and frequency bands in EEG based motor imagery BCIs 片山朋香:Functional connectivity analysis during breath-counting meditation using multichannel fNIRS 玉城貴也:【非公開】 和田寛:Examination of the … 続きを読む

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

第66回月例発表会

4月8日(土)に,今出川キャンパスにて第66回月例発表会が行われました.例年,医療情報システム研究室では,新しく研究室に配属された4回生に対して,月例発表会で大学院生が研究紹介を行います.誰がどのような研究を行い,研究室全体としてどのような目的で研究を行っているのかを理解することを目的としています.研究紹介は大学院生が各々の研究の概要について説明を行うショートプレゼンから始まりました.持ち時間の1分間で自らの研究を伝えることは,その研究について十分に理解する必要があり,大学院生にとっても良い経験となりました.ショートプレゼンの後は,研究グループごとにブースを作り,ポスターを用いて研究の詳細について説明を行いました.ポスターの作成が初めての大学院生もいましたが,しっかりと準備されており,4回生も様々な研究に対して興味を持って話を聞いていました.    昨年より,研究紹介を行う月例発表会は今出川キャンパスのラーニングコモンズを利用することになったのですが,今回は併せて,今出川キャンパスツアーも開催されました.今出川キャンパスには同志社の歴史を語る建造物がいくつもあり,国の重要文化財に指定されているものもあります.普段は,京田辺キャンパスで研究を行っている私たちにとって,今回のツアーは,同志社を知る良い機会になったのではないでしょうか. 今回の月例発表会は,4回生にとっても,大学院生にとっても研究について“考える”ことができ,今年1年の研究に取り組むスタートがきれたと思います.研究室全体で研究を通じて成長できるよう頑張っていきましょう. 【文責:M1 三好】

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

2017年度 第1回全体ゼミ

 3月24日(金)に,医療情報システム研究室の第1回全体ゼミが開催されました.本年度は新たに20名の新4回生が加わり,総勢44名の学生がこの研究室で共に学ぶ事となります.  全体ゼミでは,まず学生・教員の自己紹介から始まりました.今年は晴天であったため,集合写真は外で撮影されました.その後は,新4回生に対して1年間のスケジュールや,役割担当の説明などが行われました.また,5月27日に開催されるKeyTechのテーマやコーチが発表されました.研究室に戻った後は役割担当や基礎ゼミ担当の決定,また研究生活を送る上でのルールゼミが開催されました.    新4回生はKeyTechの準備,研究のスタート,基礎ゼミでの勉強など,自身の環境の変化や忙しさに戸惑う事があるかもしれません.しかし,MISLではその代わりに成長できること,得られることが数多く存在します.私達修士の学生も精一杯サポートします.思いやりの心を忘れずに,仲間達全員で協力し合いながら,これから研究に励んでいきましょう. 【文責:M1 相本】

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

2016年度 学位授与式

2017年3月22日,デイヴィス記念館にて同志社大学・同志社大学大学院の学位授与式が行われました.医療情報システム研究室からは,修士7名,学士20名が卒業いたしました. 本年度も多くの思い出と共に,それぞれが大きく成長した1年であった事と思います.卒業を迎えたメンバーの笑顔は学生生活に関わった人たちへの感謝と新生活への期待を漂わせていたのではないでしょうか.新年度も在籍して新M2,M1となるメンバーは,今年度最も長い時間を共にし,研究においては切磋琢磨し励まし合ってきました.彼らの更なるご活躍をお祈り致します.今までお世話になった先生方や先輩方に感謝するとともに,学んだ事を新たな道で生かせるよう努力しようと強く感じました.    【文責:M2 田中(那)】

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

第5回 関西4私大生命科学シンポジウム

2017年3月7日に関西学院大学西上ヶ原キャンパスの関西学院会館光の間にて第5回四私大合同生命科学シンポジウムが開催されました.本研究室からは廣安 知之先生,日和 悟先生,西澤美結(B4)が参加し,廣安先生が講演,西澤がポスター発表を行いました.発表題目は以下の通りです. ◆「脳機能情報による瞑想状態の検討」 廣安 知之,日和 悟 ◆「持続的注意に関わる脳機能のfNIRSによる検討」 西澤 美結,日和 悟,廣安 知之 本シンポジウムは,関西の私学4大学(関西大学・関西学院大学・同志社大学・立命館大学)の生命科学系学部・研究科合同で開催されました.関関同立で行われている最前線の研究を紹介し,関西を起点とした日本の生命科学分野の活性化をはかることを目的としたシンポジウムです.4大学の教員による8件の講演,教員と学生による28件のポスター発表が行われました. 私は今回初めてポスター制作を行い,学外の学生や先生に自分の研究を紹介しました.このシンポジウムは他学会とは異なり,様々な分野の研究者が集まっていることから,脳機能イメージング研究に興味を持ってもらえるように工夫して発表を行いました.ポスター発表ではたくさんの方に研究を聞いてもらうことができ,意見を頂くことが出来ました. また様々な分野の研究のお話を聞くことができ,大変有意義な時間を過ごすことが出来ました.本シンポジウムでの気づきや,頂いた意見を今後の研究に生かしていきたいと思います.   【文責:B4 西澤】 学会参加報告書   報告者氏名   西澤美結 発表論文タイトル 持続的注意に関わる脳機能のfNIRSによる検討 発表論文英タイトル Investigation of brain function related to continuous attention by fNIRS 著者 西澤美結,日和悟,廣安知之 主催 関西学院大学 講演会名 第五回 四私大合同生命科学シンポジウム … 続きを読む

カテゴリー: 国内学会, 学会 | コメントをどうぞ

大掃除・研究室レイアウト変更

12月28日(水)に医療情報システム研究室で大掃除が行われました. 今年も残すところあとわずかということで、普段使わせていただいている研究室を綺麗にし,来年度からも気持ち良く研究が出来る様,みんなで頑張って取り組みました.今年は例年とは違い,レイアウト変更などのも行われたため作業量が多かったようです.このレイアウト変更は,研究室をよりオシャレで快適な空間にすることを目的とした「研究室 劇的Before/Afterプロジェクト」のため行われ,主に大掃除の時は小さいロッカーの移動が行われました.これで個人ロッカーを含めたほとんどのロッカーが隣のサーバールームに移動し,IN223Nはとても広々とした空間になりました.物が増えたサーバールームでも必要なものとそうでないものを分別し,いらないものは処分することができ,しっかりと整理することができました.また,掃除の方もいつも綺麗にしている場所だけでなく,普段はできない細かな場所も綺麗にすることができました. 2016年はこの研究室で数え切れないほどの多くを学ばせていただきました.先生方や研究室の仲間たちと過ごせる毎日に感謝して過ごし,最後まで精一杯研究に励みたいと思います.     【文責:B4 田中】  

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

第62回月例発表会

11月22日に第62回月例発表会が開催され,10名のM1が発表をしました. 本発表会では多くの発表者が15分発表を選択し,自分の成果を存分に報告できていました.しかし,多くの発表者はリハーサルを行っていませんでした.その理由は,学会原稿の執筆や学会参加と同時並行して発表の準備を行ったためです.それにも関わらず,決して発表自体やスライドのクオリティが低いわけではなく,むしろ各々の発表者が工夫を凝らし,相手により理解してもらうための見せ方が出来ていたと思います.それはMISLに一年半在籍し,学会参加や日頃のコーチングをする中で「人への伝え方」がしっかりと身に付いているからだと感じました.また,M1やM2だけでなくB4からも良い質問が多く出ており,B4の成長も感じることが出来ました. 【文責:M1 石田】

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

同志社国際高校見学会

11月18日(金)に,医心館にて,同志社国際高校見学会が行われました. 医療情報システム研究室の紹介をはじめ,実際に光トポグラフィ装置を使用して実験を行いました.参加してくれた高校生の中から被験者を募り,暗算課題時において脳活動が変化する様子をデモしました.積極的に実験に参加してくれたり,質問も多く飛び交い,終始和気あいあいとした雰囲気で行われました.医療情報システム研究室に興味を持ってくれた高校生が多かったと感じています.対象は高校1年生,2年生といった,これから自身の進路を決める子供たちだったので,こうした見学を通して自身の進路を考えるよい機会になったのではないかと思います. 【文責:B4 西澤】

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

第60回月例発表会

9月23日(金)に第60回月例発表会が開催されました。 発表の順番、テーマは以下の通りです。 1. 中村 清志郎: 運転動画提示時における眼球運動の検討 2. 吉田 鴻詩 :EEGを用いた手と足の運動想起比較 3. 藤原 侑亮 :Psychomotor Vigilance Task における注意状態の脳波の検討 4. 信楽 慧  :【非公開】 5. 福島 亜梨花:生体分子の経時的変化を考慮した相互作用バイオマーカー探索手法の研究開発 以上5名(B4、M2、D1)による発表でした。 今回の月例発表会は、B4の初めての卒業研究テーマの発表からD1の発表まで様々な学年による発表が行われました。 そのため、今まで聞いたことのない新しい研究からとても深い研究まで幅広い発表があり、とても興味深い発表会でした。 修士学生だけにとどまらずB4からの質問もとても多く、活気のある良い発表会であったと思います。 また、今回の月例発表会には去年卒業された岡村さん、滝さん(16卒)が来られ、素晴らしい質問をしてくださりました。 【文責:M2 信楽】

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ