カテゴリー別アーカイブ: 未分類

【速報】日本マインドフルネス学会第4回大会

日本マインドフルネス学会第4回大会が12月16日~12月17日の日程で早稲田大学国際会議場で開催されます。 研究室からは下記の発表が行われます。 マインドフルネスを「見える化」する:脳の動的機能的結合に基づく瞑想状態の定量化検討 日和 悟

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

【速報】同志社大学赤ちゃん学研究センター定期セミナー(第10回)

赤ちゃんの研究、まだ始まってないのですが、発表しています。 同志社大学赤ちゃん学研究センター定期セミナー(第10回) fNIRSによる「ヒト」の状態推定 廣安 知之

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

【速報】等身大のマインドフルネス:対人援助職のための脳科学入門

<2017年度 公開講座>等身大のマインドフルネス:対人援助職のための脳科学入門(12/3開催@今出川・良心館203) 2017/12/3 本講座は,マインドフルネスに関する最新かつ正確な情報を吟味するための脳科学に関する基本的なリテラシーの獲得を目的としています。日和先生には脳科学の基礎知識(脳機能や最新の研究手法)について、藤野先生にはマインドフルネスに関する脳科学研究の最前線についてご講義いただきます。当日のモデレイターは、武藤崇(同志社大学)が務めます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

第70回月例発表会

【2017年8月25日】に第70回月例発表会が開催されました. 今回の月例発表会では,B4の11名が発表しました. 発表の順番およびテーマは以下の通りです. 奥村 駿介 「非公開」 大澤 僚也 「非公開」 藤井 光央 「非公開」 奥村 康平 「非公開」 杉野 梨緒 「非公開」 古家 知樹 「非公開」 大塚 友樹 「非公開」 山野  唯 「非公開」 山本 涉子 「非公開」 吉田 早織 「非公開」 谷口  尚 「非公開」 B4にとっては初の研究発表で,皆慣れない準備に踠きがらも,毎日夜遅くまで残り,準備をしてきました.先輩方の今までの発表を参考にしつつ,自分らしさを出すことを心掛けて本発表に臨みました.皆,緊張はしていましたが,堂々と発表ができたと思います.質疑応答では,まだまだ知識や理解が足りていない部分も感じられ,一人一人課題も明確になりました.さらに成長した姿で半年後の卒論発表を迎えられるよう,今後も精進して研究に取り組んでいきたいと思います.   【文責:B4 奥村(駿)】    

カテゴリー: 月例, 未分類, 発表会 | コメントをどうぞ

大掃除・最終全ゼミ

8月2日(水)に研究室の大掃除と春学期最終全体ゼミが行われました.大掃除では,5班に分かれて,秋学期からも快適に研究ができるよう,普段使っている部屋を隈なく掃除しました.私は普段のカイゼンタイムなどではできないような,ネットワークリストの作成や無駄な配線の撤去などを行いました. 周りを見渡すと,皆丁寧に本の整理や窓拭き,除湿機・加湿器のフィルタの掃除などをしていて,見違えるように綺麗になっていました.こうして,研究室をより良くするために,それぞれ自分にできることや改善すべきことを必死に考えて取り組む姿を見て,皆の研究室に対する愛情を感じました. 全体ゼミでは谷口くんのmini-keytechから始まり,OHBMの学会参加報告,そしてドキドキの中,再編された新しい研究グループとコーチが発表されました. 今までの研究を引き続き深める人や,中には秋学期から研究内容や手法が大きく変化する人もいますが,より多くの結果を出せるように,今回の大掃除で快適になった研究室と新体制の研究グループでより一層研究に励んでいきたいと思います. 【文責:M2 玉城】

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

第69回月例発表会

8月1日(火)にKD104にて第69回月例発表会が開催されました.発表者はM2 4名,M1 4名の計8名でした. 発表の順番およびテーマは以下の通りです. 原田 圭 動的な重みベクトル割当てを行うMOEA/D 郡 悠希 パレートフロント探索によるSparse特徴選択 岡田 雄斗 H.pylori感染診断システムの有用性に関する前向き検討 石田 直也 NBI内視鏡画像における胃癌病変境界検出システム ~GAを用いた特徴量の組み合わせ最適化~ 小林 渓太郎 角膜内皮細胞の広域画像生成 西澤 美結 持続的注意課題時におけるfNIRSを用いた脳状態の遷移の検討 藤原 侑亮 ドライビングシミュレータ環境下での マインドワンダリング時のfNIRSを用いた脳状態の検討 中村 清志郎 自動車運転動画視聴時の脳活動のfNIRSによる検討 今回の月例発表会の発表者の多くは,OHBMに参加していないM1,M2でした.M2の発表者は15分発表を選択し,自分の成果を発表していました.初めて口頭発表の月例発表に参加するB4にもわかりやすいように工夫をしてスライドを作成し,発表を行っていました.M1は久々の口頭発表からか,発表に対する準備不足があるように見られました.短い時間で相手に正確に伝えたいことを伝えることは難しいことですが,リハーサルを行っていない人もおり,質問に対する回答が不十分である場面も見られました.今後,「人への伝え方」を身に着け,よりよい発表になるように研究,発表準備をする必要があると改めて実感しました.また,M1やM2だけでなくB4からも多く質問が出るようになり,短期間での成長も感じることができました. 【文責:M1 中村(清)】    

カテゴリー: 月例, 未分類 | コメントをどうぞ

オープンキャンパス

7月30日(日)に,同志社大学京田辺キャンパスにて,オープンキャンパスが開催されました.本研究室ではIN205Nにて研究室紹介を行った後,光トポグラフィ装置を用いて暗算課題時の脳血流変化を計測し,実際にその様子を見てもらいました.研究室紹介では,MISLの研究分野を具体的に,かつ分かりやすく説明することの難しさを痛感しました.しかし高校生から研究室や研究への質問が複数挙げられ,興味を持ってくれているのを感じ,非常に嬉しかったです.   光トポグラフィ装置を用いた実験では,暗算課題の難易度が高くなるにつれて脳血流量が上昇していく様子が分かり,興味深そうに見てくれているのが印象的でした. オープンキャンパスでの研究室紹介を通して,知識を持っていない相手に分かりやすく,かつ興味を持ってもらえるように説明することはとても重要なことであると感じました.また,当日までに発表の内容や,実験の流れを確かめることを通して本番をスムーズに行うためにはかなり準備に時間を費やす必要があることが分かりました.そしてこれらのことは研究発表や,研究を進めていくうえでも非常に重要なことであると感じました.オープンキャンパスの参加を通して多くの事を学ぶことができ,自分にとってプラスの経験となりました. 【文責:B4 山野】

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

日本光脳機能イメージング学会 第20回学術集会

2017年7月15日(土)に東京都千代田区永田町の星陵会館にて日本光脳機能イメージング学会第20回学術集会が開催されました.本研究室からは廣安先生,M1の中村(清),西澤,池田が参加しました.各学生がポスター発表,約2分のフラッシュトークにて自身の研究成果を発表しました.発表題目は以下のとおりです. ◆「ワーキングメモリ課題時における賦活脳領域の検討 –fNIRSとfMRIの比較-」   池田幸樹,日和悟,廣安知之 ◆「持続的注意課題時におけるfNIRSを用いた脳状態の遷移の検討」   西澤美結,日和悟,廣安知之 ◆「自動車運転動画視聴時の脳活動のfNIRSによる検討」   中村清志郎,日和悟,廣安知之 光脳機能イメージング学会は,まだ歴史の浅い光による脳機能計測法の基礎研究を深め,光脳機能イメージング法に関心の高い研究者間の情報交換の場と研究を促進するための機会を提供する場です.基礎研究や医療応用の研究など様々な発表があり,興味深かったです.ポスター発表では,3名ともたくさんの方にポスターを見に来ていただくことができました.また,fNIRSを知っている方が多いこともあり深い議論や研究のアドバイスをいただくことができました.いただいた意見やアドバイスを研究室で共有し,研究に反映させていきたいです.学会終了後は,OBの方と合流し楽しい時間を過ごすことができました. 【文責:M1 池田】

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

同志社大学生命医科学研究科・博士課程(前期課程)入学試験

7月8日(土),9日(日)の二日間にわたり,同志社大学生命医科学研究科・博士課程(前期課程)の入学試験が行われました.

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

The 23rd Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping

2017年6月25日~29日にかけて,カナダのバンクーバーにて開催されましたThe 23rd Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mappingに参加いたしました.この学会は,神経イメージングの知識,経験を分かち合い,最新の研究と今後の展望についての情報交換,議論の場となることを目的に開催されています.M2の片山,石原,玉城,和田,吉武,M1の相本,藤井聖香,池田,三好,水野,石田翔也,中村圭佑の総勢15名が参加しました.26日に日和先生,片山(M2),藤井聖香(M1),中村圭佑(M1),27日に石原(M2),相本(M1),三好(M1),石田翔也(M1),28日に玉城(M2),水野(M1),29日に和田(M2),吉武(M2),萩原(M2),池田(M1)がポスターセッションで発表いたしました.発表題目は以下の通りです. “Characterizing the meditative state based on functional connectivity and low-frequency fluctuation”S.HIWA; M.IZUKA; T.HIROYASU. “Functional connectivity analysis during breath-counting meditation using multichannel fNIRS”T.KATAYAMA; S.HIWA; T.HIROYASU. “Frontal lobe activity during breath-counting … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ