カテゴリー別アーカイブ: 発表会

第71回月例発表会

2017年9月22日に第71回月例発表会が開催されました.今回の月例発表では,B4の4人が発表しました.発表順番及びテーマは以下の通りです. 斎藤 美里 非公開 吉岡 昂馬 非公開 清水 亮佑 非公開 外山 貴樹 非公開 前回の月例発表会で半数以上のB4が発表を済まし,今回は4人という少ない人数での発表だったため皆少し不安を感じていました.しかし,既に発表を済ましたB4の皆に多くの意見や励ましの言葉を貰い,モチベーションが高まりました.また,今回発表の4人の中でも早朝からリハーサルを行うなどして協力し合い本発表に臨みました.緊張で早口になったり,少しミスが出たりもしましたが,皆,自分の研究に自信をもって発表できたと思います. 発表後の質疑応答では,自分の研究に興味を持って貰えていることの喜びを感じる一方で,質問に対して正確に答えられているのかの不安も感じました.今回の発表や質疑応答から得られた課題を克服し,さらに自分の研究に自信を持てるように精進していきたいと思います. 【文責:B4 吉岡】

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

第70回月例発表会

【2017年8月25日】に第70回月例発表会が開催されました. 今回の月例発表会では,B4の11名が発表しました. 発表の順番およびテーマは以下の通りです. 奥村 駿介 「非公開」 大澤 僚也 「非公開」 藤井 光央 「非公開」 奥村 康平 「非公開」 杉野 梨緒 「非公開」 古家 知樹 「非公開」 大塚 友樹 「非公開」 山野  唯 「非公開」 山本 涉子 「非公開」 吉田 早織 「非公開」 谷口  尚 「非公開」 B4にとっては初の研究発表で,皆慣れない準備に踠きがらも,毎日夜遅くまで残り,準備をしてきました.先輩方の今までの発表を参考にしつつ,自分らしさを出すことを心掛けて本発表に臨みました.皆,緊張はしていましたが,堂々と発表ができたと思います.質疑応答では,まだまだ知識や理解が足りていない部分も感じられ,一人一人課題も明確になりました.さらに成長した姿で半年後の卒論発表を迎えられるよう,今後も精進して研究に取り組んでいきたいと思います.   【文責:B4 奥村(駿)】    

カテゴリー: 月例, 未分類, 発表会 | コメントをどうぞ

第69回月例発表会

8月1日(火)にKD104にて第69回月例発表会が開催されました.発表者はM2 4名,M1 4名の計8名でした. 発表の順番およびテーマは以下の通りです. 原田 圭 動的な重みベクトル割当てを行うMOEA/D 郡 悠希 パレートフロント探索によるSparse特徴選択 岡田 雄斗 H.pylori感染診断システムの有用性に関する前向き検討 石田 直也 NBI内視鏡画像における胃癌病変境界検出システム ~GAを用いた特徴量の組み合わせ最適化~ 小林 渓太郎 角膜内皮細胞の広域画像生成 西澤 美結 持続的注意課題時におけるfNIRSを用いた脳状態の遷移の検討 藤原 侑亮 ドライビングシミュレータ環境下での マインドワンダリング時のfNIRSを用いた脳状態の検討 中村 清志郎 自動車運転動画視聴時の脳活動のfNIRSによる検討 今回の月例発表会の発表者の多くは,OHBMに参加していないM1,M2でした.M2の発表者は15分発表を選択し,自分の成果を発表していました.初めて口頭発表の月例発表に参加するB4にもわかりやすいように工夫をしてスライドを作成し,発表を行っていました.M1は久々の口頭発表からか,発表に対する準備不足があるように見られました.短い時間で相手に正確に伝えたいことを伝えることは難しいことですが,リハーサルを行っていない人もおり,質問に対する回答が不十分である場面も見られました.今後,「人への伝え方」を身に着け,よりよい発表になるように研究,発表準備をする必要があると改めて実感しました.また,M1やM2だけでなくB4からも多く質問が出るようになり,短期間での成長も感じることができました. 【文責:M1 中村(清)】    

カテゴリー: 月例, 未分類 | コメントをどうぞ

第68回月例発表会

6月17日(土)にIN223Nにて第68回月例発表会が開催されました.発表者は6月25日から開催されるOHBM2017に参加する学生13名と日和先生でした. 発表題目は以下の通りです. 萩原里奈:Classification of brain states using functional data obtained during a mental arithmetic task 石原知憲:Optimizing electrode placement and frequency bands in EEG based motor imagery BCIs 片山朋香:Functional connectivity analysis during breath-counting meditation using multichannel fNIRS 玉城貴也:【非公開】 和田寛:Examination of the … 続きを読む

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

第67回月例発表会

2017年5月27日に第67回月例発表会(KeyTech)が開催されました. 4回生各々に与えられたテーマについて調べてきたことを発表しました. 発表の順番およびテーマは以下の通りです. 大塚 友樹 「生体計測ガジェットの最前線」 吉岡 昂馬 「自動運転の行方」 谷口  尚 「プロジェクト:Whole Brain」 奥村 康平 「プロジェクト:Space X」 田中 一直 「プロジェクト:HyperLoop」 山本 渉子 「働きを調べよう:大脳基底核」 清水 亮佑 「働きを調べよう:小脳」 山野  唯 「予防医学の今」 藤井 光央 「ユーザーエクスペリエンス(UX)の基本とその重要性」 吉田 早織 「観光情報」 杉野 梨緒 「脳機能研究におけるメタアナリシスの手法」 斎藤 美里 「量子コンピュータ」 宮前 裕之 「ゲーム産業における人工知能」 外山 貴樹 「EdTech サービス」 松本  誠 「ニューロモジュレーション」 曽根 誠矢 「スマートコントラクト」 山崎 航晴 「ぺロブスカイト太陽電池」 … 続きを読む

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

第66回月例発表会

4月8日(土)に,今出川キャンパスにて第66回月例発表会が行われました.例年,医療情報システム研究室では,新しく研究室に配属された4回生に対して,月例発表会で大学院生が研究紹介を行います.誰がどのような研究を行い,研究室全体としてどのような目的で研究を行っているのかを理解することを目的としています.研究紹介は大学院生が各々の研究の概要について説明を行うショートプレゼンから始まりました.持ち時間の1分間で自らの研究を伝えることは,その研究について十分に理解する必要があり,大学院生にとっても良い経験となりました.ショートプレゼンの後は,研究グループごとにブースを作り,ポスターを用いて研究の詳細について説明を行いました.ポスターの作成が初めての大学院生もいましたが,しっかりと準備されており,4回生も様々な研究に対して興味を持って話を聞いていました.    昨年より,研究紹介を行う月例発表会は今出川キャンパスのラーニングコモンズを利用することになったのですが,今回は併せて,今出川キャンパスツアーも開催されました.今出川キャンパスには同志社の歴史を語る建造物がいくつもあり,国の重要文化財に指定されているものもあります.普段は,京田辺キャンパスで研究を行っている私たちにとって,今回のツアーは,同志社を知る良い機会になったのではないでしょうか. 今回の月例発表会は,4回生にとっても,大学院生にとっても研究について“考える”ことができ,今年1年の研究に取り組むスタートがきれたと思います.研究室全体で研究を通じて成長できるよう頑張っていきましょう. 【文責:M1 三好】

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

2016年度卒論審査会

2017年2月21日(火)に卒業論文審査会が開催されました.発表題目は以下の通りです. 「数息観時における脳状態の個人内ばらつきの検討」相本武瑠 「瞑想中の前頭部脳活動のfNIRSによる分析」藤井聖香 「Psychomoter Vigilance Taskにおける注意状態のEEGによる脳活動の検討」藤原侑亮 「安静時と瞑想時のfMRIによる脳活動の検討」郷彩乃 「非公開」池田幸樹 「非公開」石田翔也 「培養角膜内皮細胞の扁平率による細胞品質評価」小林渓太郎 「生体スキャナーの知的レベルの向上と設計」三浦侑子 「同期タッピング課題を用いた協調行動時における脳機能ネットワークの検討」水野めぐみ 「マインドフルネス瞑想中のの脳機能ネットワーク解析」三好巧真 「瞑想による脳状態の変化とゆらぎの関連性の検討」中川夏綺 「SLICとNormalized Cutを用いた脳アトラス作成手法の提案」中村圭佑 「自動車運転時の眼球運動の計測と解析」中村清志郎 「生体情報を用いた自動運転システムの構築–生体情報に基づく自動運転と手動運転の選択方法—」中野太朗 「持続的注意に関わる脳機能のfNIRSによる検討」西澤美結 「生体情報を用いた瞑想状態の判定アプリケーションの開発」奥村郁子 「非公開」下田恵美子 「非公開」田中潤也 「脳神経繊維ファントムを用いた拡散協調画像の撮像パラメータの検討」矢竹翼 「EEGを用いた脳活動データによる運動想起と柔道競技力の相関の検討」吉田鴻詩 普段の月例発表会とは異なり,他の研究室の先生方や学生の前での発表でした.資料を作成する中で,研究内容を知らない人に研究の要点や面白さを伝える難しさを改めて実感しました.発表に向けて先生方とディスカッションを行い,先輩方にアドバイスをいただき,1年間の集大成を納めることができました.また,他の研究室の発表も最後まで聞くことができ,MISLの良さも実感できました. 審査会当日は,粉雪が舞っており寒い早朝から始まりました.早朝から発表準備をしてくださった先輩方,当日参加してくださった皆様に感謝いたします.      【文責:B4 池田】

カテゴリー: イベント, 学内, 発表会 | コメントをどうぞ

第65回月例発表会

2月7日(火)に第65回月例発表会が開催されました.発表の順番,テーマは以下の通りです. 1.相本武瑠:数息観時における脳状態の個人内ばらつきの検討 2.藤井聖香:瞑想中の前頭部脳活動のfNIRSによる分析 3.藤原侑亮:Psychomotor Vigilance Taskにおける注意状態のEEGによる脳活動の検討 4.郷彩乃:安静時と瞑想時のfMRIによる脳状態の検討 5.池田幸樹:【非公開】 6.石田翔也:【非公開】 7.小林渓太郎:培養角膜内皮細胞の扁平率による細胞品質評価 8.三浦 侑子:生体スキャナーの知的レベルの向上と設計 9.三好巧真:マインドフルネス瞑想中の脳機能ネットワーク解析 10.水野めぐみ:同期タッピング課題を用いた協調行動時における脳機能ネットワークの検討 11.中川夏綺:瞑想による脳状態の変化とゆらぎの関連性の検討 12.中村圭佑:SLICとNormalized Cutを用いた脳アトラス作成手法の提案 13.中村清志郎:自動車運転時の眼球運動の計測と解析 14.中野太朗:生体情報を用いた自動運転システムの構築–生体情報に基づく自動運転と手動運転の選択方法– 15.西澤美結:持続的注意に関わる脳機能のfNIRSによる検討 16.奥村郁子:生体情報を用いた瞑想状態の判定アプリケーションの開発 17.下田恵美子:【非公開】 18.田中潤也:【非公開】 19.吉田鴻詩:EEGを用いた脳活動データによる運動想起と柔道競技力の相関の検討     本発表会では卒業論文審査会のリハーサルも兼ねており,卒論審査会当日さながらの形式で発表,先生からの質疑応答が行っていただき非常にいい緊張感の中で発表会を行うことができました.今年度最後の月例発表会となりましたが私自身にとって,そしてB4のみんなにとって大変貴重な経験となりました.B4一同この経験を活かして発表当日までスライドの調整,発表の練習をしっかりこなし,最後まで細部へこだわりこの一年間の成果を出し切って、より良い卒業論文審査会にしたいと思います. 【文責:B4 中野】

カテゴリー: 発表会 | コメントをどうぞ

2016年度修士論文諮問会

2017年1月31日,同志社大学大学院 生命医科学研究科 修士論文諮問会が開催されました. 本研究室からはM2の7名が以下のタイトルで発表しました. 1.後藤優大:生体内角膜内皮細胞画像の広域画像生成と状態評価 2.村上晶穂:ヒトの協調作業時におけるfNIRSを用いた脳機能の検討 3.西田潤:高次元データ識別のための遺伝的アルゴリズムによる次元削減法の提案 4.田中勇人:照明環境と表示媒体が視覚的注意に及ぼす影響のfNIRSを用いた脳機能的検討 5.田中那智:腹腔鏡画像における腸間膜内走行血管の画像処理による検出法 6.信楽慧:【非公開】 7.田村凌大:【非公開】 7名全員が無事に発表することができました. 緊張したり,様々な分野の先生方からの質問に戸惑う場面もありましたが、全員が自分の研究に自信を持ちながら,精一杯伝えることができたと思います. 私たちM2は4月から社会人となります.研究を通して学んだことを活かして立派な社会人になりたいと思っています. 最後に,これまで多くのご指導をしていただいた廣安先生,日和先生,そして研究室の皆様に大変感謝しています.本当にありがとうございました.           【文責:M2 村上 】

カテゴリー: 学内, 発表会 | コメントをどうぞ

第64回月例発表会

1月10日(火)に第64回月例発表会が開催されました。発表の順番、テーマは以下の通りです。 1.西田 潤:高次元データ識別のための遺伝的アルゴリズムによる次元削減法の提案 2.三浦 侑子:生体スキャナーの知的レベルの向上と制御 3.吉田 鴻詩:EEGを用いた運動想起課題における脳活動の検討 4.石田 翔也:【非公開】 5. 信楽 慧:【非公開】 以上5名(B4,M2)による発表でした。今回の月例発表会は2017年度初めての月例発表会でした。新年早々ということもあり、皆さん活気あふれる発表会でした。修士学生だけでなくB4からの質問も多く発表会全体が盛り上ました。私自身は緊張してしまいうまくできなかったところもあるので挽回していきたいと思います。 【文責:B4 吉田】

カテゴリー: 月例 | Comments Off on 第64回月例発表会