カテゴリー別アーカイブ: 発表会

2017年度 修士論文諮問会

2018年1月27日と2月3日に同志社大学大学院 生命医科学研究科 修士論文諮問会が開催されました.本研究室からはM2の11名(原田,萩原,片山,石原,岡田,吉武,横山,郡,石田,玉城,和田)が発表しました. 11名全員が無事に発表することができました.発表前日,「どうすれば自分の研究を10分間で伝えることが出来るか?」「どういった説明が必要で,どうすればわかりやすくなるのか?」など,多くのM2がより良い発表をするために,夜遅くまでスライド作成に励む姿が印象的でした.発表中,緊張し,戸惑う場面も多々ありましたが, 3年間の自分達の研究成果を存分に伝えることが出来たと自負しております.私たちM2は4月から社会人となります.MISLで学んだこと,研究を通して伸ばした能力を存分に活かし,立派な社会人になりたいと考えております. 最後になりましたが,これまで沢山ご指導をいただきました廣安先生,日和先生,そして研究室の皆様には大変感謝しております.本当にありがとうございました. 【文責:M2 石原】

カテゴリー: 学内, 発表会 | コメントをどうぞ

第75回月例発表会

2018年1月16日と1月23日の2日間にかけて第75回月例発表会が開催されました.今回の月例発表会ではM2の萩原,和田,石田(直),岡田,玉城,石原,片山,郡,原田の9名が発表しました.発表順番及びテーマは以下の通りです. 1月月例発表会は,私たち修士2年にとって研究室最後の月例発表会にあたり,修士論文諮問会前の総仕上げとして位置づけられています.これまで進めてきた研究の集大成を限られた時間でわかりやすく伝えるために,みんなが四苦八苦しながら発表資料を作成しました.そのため,発表資料を作成・修正するたびに,研究室の同期や後輩に意見をいただくといった様子が見られました.月例発表会当日は,各人が自信をもって発表することができましたが,研究内容の全てを聞き手側に理解してもらうことは難しかったです.しかし,先生や学生のご意見によって各人が課題点を明確にすることができ,修士論文諮問会にむけて最後の追い込みをかけるきっかけとなりました.    【文責:M2 原田】

カテゴリー: イベント, 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

第74回月例発表会

2017年12月19日に第74回月例発表会が開催されました.本月例発表会では,B4 15人(清水,大塚,古家,外山,谷口,吉岡,藤井(光),曽根,奥村(康),奥村(駿),大澤,斎藤,山本,杉野,山野)が発表しました. あっという間に年末になり,卒業論文の提出の現実味が増していたころの発表会でした.そのため今回の月例発表会は卒業論文の大枠となる内容の発表でした.卒業論文に向けて,これまで行ってきた処理を見つめなおす良い機会になったのではないかと思います.研究室のメンバーや先生方からコメントや助言をもらい,これから卒業論文の提出に向けてどのように進めていくかを議論していた生徒も多かったです.終わって一段落,といった様子もありましたが,1週間後の卒業論文第1稿の提出も控えていたこともあり,心から休める人は少なかったですが,発表会後はひとまず休んで,明日からまた頑張ろうという意気込みも感じました. 発表人数が多かったことから,朝早くから夜までの長い時間の発表でしたが,1年間の成果発表に向けて,良い発表会になったのではないかと思います. 【文責:B4 杉野】

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

第72回月例発表会

2017年10月24日に第72回月例発表会が開催されました.今回の月例発表では,B4の曽根,M1の相本,池田,三好の4名が発表しました.発表順番及びテーマは以下の通りです. 今回の月例発表会は,私にとっては初の研究発表ということや,先輩の発表に混ざって発表することもあり,非常に不安と緊張を感じていました.しかし,先輩と一緒に準備を進めていく上で,研究発表に対する姿勢や発表方法など,非常に学ぶものが多い発表会となりました.発表後の質疑応答では,相手の質問に対して正確な返答をすることの難しさや,知識や理解の不足を痛感したと同時に,ディスカッションを行うことで更に研究が良い方向へ向かっていくことの喜びも感じることができました. また,今回月例発表会の中でM1の先輩方の研究プロジェクト発表もありました.プロジェクトが世界にどのように貢献するのか,また先輩方の研究がそのプロジェクトのどの位置にいるのかを深く知ることができました.今回の発表会で得られた課題を克服し,更に成長した姿で卒論発表会を迎えられるよう,今後も先輩方をお手本としながらさらに精進していきたいと思います.           【文責:B4 曽根】

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

2017年度プロジェクト科目課題発表会

2017年10月11日に、生命医科学研究科医工学・医情報学専攻の必修科目である「プロジェクト特別演習」の課題発表が医心館のG階多目的ホールにて行われました。 この科目は、学生1人1人が自ら研究テーマを決定し、計画を立て実行することで、問題設定・解決能力、主体性、計画性等を身につけることを目的としています。今回の課題発表会では、これから取り組むプロジェクトの背景、提案手法や計画をポスターで発表しました。自分の研究から離れ、違う視点からプロジェクトを立案することは難しく、苦戦した人も多くいましたが、最終的にはそれぞれのアイデアの詰まったユニークなテーマを設定し、実演を取り入れながら面白い発表をすることができたのではないかと感じています。また、この科目では異なる分野の研究室の教授や学生と意見を交換することができる場でもあります。     普段は、他研究室の人と研究について話す機会は滅多にないので、視野も広がりとても有意義な時間となりました。 今後は、1月下旬の最終発表会に向けて、正規で行っている研究と並行しながら、計画性をもってプロジェクトを進めていきたいと思います。

カテゴリー: 学内, 発表会 | コメントをどうぞ

第71回月例発表会

2017年9月22日に第71回月例発表会が開催されました.今回の月例発表では,B4の4人が発表しました.発表順番及びテーマは以下の通りです. 斎藤 美里 非公開 吉岡 昂馬 非公開 清水 亮佑 非公開 外山 貴樹 非公開 前回の月例発表会で半数以上のB4が発表を済まし,今回は4人という少ない人数での発表だったため皆少し不安を感じていました.しかし,既に発表を済ましたB4の皆に多くの意見や励ましの言葉を貰い,モチベーションが高まりました.また,今回発表の4人の中でも早朝からリハーサルを行うなどして協力し合い本発表に臨みました.緊張で早口になったり,少しミスが出たりもしましたが,皆,自分の研究に自信をもって発表できたと思います. 発表後の質疑応答では,自分の研究に興味を持って貰えていることの喜びを感じる一方で,質問に対して正確に答えられているのかの不安も感じました.今回の発表や質疑応答から得られた課題を克服し,さらに自分の研究に自信を持てるように精進していきたいと思います. 【文責:B4 吉岡】

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

第70回月例発表会

【2017年8月25日】に第70回月例発表会が開催されました. 今回の月例発表会では,B4の11名が発表しました. 発表の順番およびテーマは以下の通りです. 奥村 駿介 「非公開」 大澤 僚也 「非公開」 藤井 光央 「非公開」 奥村 康平 「非公開」 杉野 梨緒 「非公開」 古家 知樹 「非公開」 大塚 友樹 「非公開」 山野  唯 「非公開」 山本 涉子 「非公開」 吉田 早織 「非公開」 谷口  尚 「非公開」 B4にとっては初の研究発表で,皆慣れない準備に踠きがらも,毎日夜遅くまで残り,準備をしてきました.先輩方の今までの発表を参考にしつつ,自分らしさを出すことを心掛けて本発表に臨みました.皆,緊張はしていましたが,堂々と発表ができたと思います.質疑応答では,まだまだ知識や理解が足りていない部分も感じられ,一人一人課題も明確になりました.さらに成長した姿で半年後の卒論発表を迎えられるよう,今後も精進して研究に取り組んでいきたいと思います.   【文責:B4 奥村(駿)】    

カテゴリー: 月例, 未分類, 発表会 | コメントをどうぞ

第69回月例発表会

8月1日(火)にKD104にて第69回月例発表会が開催されました.発表者はM2 4名,M1 4名の計8名でした. 発表の順番およびテーマは以下の通りです. 原田 圭 動的な重みベクトル割当てを行うMOEA/D 郡 悠希 パレートフロント探索によるSparse特徴選択 岡田 雄斗 H.pylori感染診断システムの有用性に関する前向き検討 石田 直也 NBI内視鏡画像における胃癌病変境界検出システム ~GAを用いた特徴量の組み合わせ最適化~ 小林 渓太郎 角膜内皮細胞の広域画像生成 西澤 美結 持続的注意課題時におけるfNIRSを用いた脳状態の遷移の検討 藤原 侑亮 ドライビングシミュレータ環境下での マインドワンダリング時のfNIRSを用いた脳状態の検討 中村 清志郎 自動車運転動画視聴時の脳活動のfNIRSによる検討 今回の月例発表会の発表者の多くは,OHBMに参加していないM1,M2でした.M2の発表者は15分発表を選択し,自分の成果を発表していました.初めて口頭発表の月例発表に参加するB4にもわかりやすいように工夫をしてスライドを作成し,発表を行っていました.M1は久々の口頭発表からか,発表に対する準備不足があるように見られました.短い時間で相手に正確に伝えたいことを伝えることは難しいことですが,リハーサルを行っていない人もおり,質問に対する回答が不十分である場面も見られました.今後,「人への伝え方」を身に着け,よりよい発表になるように研究,発表準備をする必要があると改めて実感しました.また,M1やM2だけでなくB4からも多く質問が出るようになり,短期間での成長も感じることができました. 【文責:M1 中村(清)】    

カテゴリー: 月例, 未分類 | コメントをどうぞ

第68回月例発表会

6月17日(土)にIN223Nにて第68回月例発表会が開催されました.発表者は6月25日から開催されるOHBM2017に参加する学生13名と日和先生でした. 発表題目は以下の通りです. 萩原里奈:Classification of brain states using functional data obtained during a mental arithmetic task 石原知憲:Optimizing electrode placement and frequency bands in EEG based motor imagery BCIs 片山朋香:Functional connectivity analysis during breath-counting meditation using multichannel fNIRS 玉城貴也:【非公開】 和田寛:Examination of the … 続きを読む

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

第67回月例発表会

2017年5月27日に第67回月例発表会(KeyTech)が開催されました. 4回生各々に与えられたテーマについて調べてきたことを発表しました. 発表の順番およびテーマは以下の通りです. 大塚 友樹 「生体計測ガジェットの最前線」 吉岡 昂馬 「自動運転の行方」 谷口  尚 「プロジェクト:Whole Brain」 奥村 康平 「プロジェクト:Space X」 田中 一直 「プロジェクト:HyperLoop」 山本 渉子 「働きを調べよう:大脳基底核」 清水 亮佑 「働きを調べよう:小脳」 山野  唯 「予防医学の今」 藤井 光央 「ユーザーエクスペリエンス(UX)の基本とその重要性」 吉田 早織 「観光情報」 杉野 梨緒 「脳機能研究におけるメタアナリシスの手法」 斎藤 美里 「量子コンピュータ」 宮前 裕之 「ゲーム産業における人工知能」 外山 貴樹 「EdTech サービス」 松本  誠 「ニューロモジュレーション」 曽根 誠矢 「スマートコントラクト」 山崎 航晴 「ぺロブスカイト太陽電池」 … 続きを読む

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ