カテゴリー別アーカイブ: 国際会議

【速報】

2018/10/05から2018/10/08に東京大学にて開催された fNIRS2018に研究室から4件の発表を行いました。 A fNIRS-based hyperscanning study of inter-brain neural synchronization during a cooperative task Megumi Mizuno, Sho Taniguchi, Satoru Hiwa,Tomo Hiroyasu Detecting attentional and inattentional brain metastates based on dynamic functional connectivity analysis, Miyu Nishizawa , Satoru Hiwa,Tomo Hiroyasu

カテゴリー: 国際会議, 学会 | コメントをどうぞ

2018JPNSEC International Workshop on Evolutionary Computation

2018年8月31日~9月1日にかけて中国深セン南方科技大学にて開催されました2018JPNSEC International Workshop on Evolutionary Computationに参加いたしました.本研究室からはM1藤井が発表を行いました.このワークショップにて私はフラッシュトーク及びポスターによる研究発表を行いました.発表題目は以下の通りです. “Data-driven approach for functional brain image analysis -Solution exploration of important functional connectivity using the Pareto solution set-” A.FUJII; S.HIWA; T.HIROYASU. このワークショップは、進化計算学会によって主催された国際学会で、進化計算学会研究会としては14回目で初の海外開催となりました.また基調講演では,香港城市大学のQingfu Zhang氏をはじめ計算科学の分野をリードする先生方による講演が行われました.講演にて進化計算や深層学習の基本的な知識から最先端の研究まで聞くことができ,非常に有意義な時間を過ごすことができました. 今回のワークショップは自身の研究が脳機能研究へと変わってから初の学会発表であり,初の海外発表でした.そのため不安もありましたが,ポスターセッションでは多くの他大学の学生や先生方に興味を持っていただき,様々な意見や質問をいただいたので,とても充実した時間となりました.今回の発表で得られた経験や自信を次回以降にしっかりいかしてゆきたいと思います.また今回のワークショップで先生方の講演や学生の発表を聴講し,より良いディスカッションをする上で自分の知識がまだまだ足りないことを実感することができました.次回の学会参加までに研究を通してより多くの知識を身に着けておこうと思います. 【文責:M1 藤井】

カテゴリー: 国際会議, 学会 | コメントをどうぞ

The Genetic and Evolutionary Computation Conference 2018

GECCO 2018 was held in Kyoto city, at Kyoto Terrsa.Between the 15 th and 19 th July I participated to the Genetic and Evolutionary Computation Conference (GECCO), which is the premier conference in the area of genetic and evolutionary computation, … 続きを読む

カテゴリー: 国際会議, 学会 | コメントをどうぞ

【速報】The 24th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping

2018/6/17-2018/6/21の日程で、シンガポールで開催された The 24th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping にて下記の発表を行いました。 Generating individual brain atlases reflecting structural and functional characteristics 中村圭佑(M2) Mindful Driving: Detecting driver’s attention and distraction using fNIRS 藤原侑亮(M2) Extracting functional network differences from multiple brain states based on … 続きを読む

カテゴリー: 国際会議, 学会 | コメントをどうぞ

The 24th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping

2018年6月17日〜22日にかけて,シンガポールのサンテックシティにて開催されましたThe 24th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mappingに参加しました.この学会は,ヒトの脳組織および脳機能のマッピングに関する研究に携わる様々な背景を持つ研究者を集め,これらの科学者のコミュニケーションおよび教育を促進することを目的に開催されています.M2の三好,石田,中村圭佑,藤原,西澤,M1の杉野,大塚の計7名が参加しました.19日,20日のポスターセッションおよび21日のポスターレセプションにおいて日和先生,三好,石田,中村,藤原,西澤,杉野,大塚が発表しました.発表形式はポスター発表で計3時間参加者の方々と議論を行いました. “Evolutionary optimization approach to explore the functional network organization during meditation” S.HIWA; T.HIROYASU. “Mapping the brain state behavior during meditation in low dimensional feature space” T.MIYOSHI; S.HIWA; T.HIROYASU. “Generating individual brain … 続きを読む

カテゴリー: 国際会議, 学会 | コメントをどうぞ

SSCI2017

2017年11月27日から12月1日かけてにかけてハワイ(ホノルル)のthe Hilton Hawaiian Village Waikiki Resortにて開催されましたThe 2017 IEEE Symposium Series on Computational Intelligence(SSCI2017)に参加いたしました.本研究室からは廣安先生,郡(M2),原田(M2)の3名が参加しました.発表形式は郡・原田両名とも口頭発表でした.発表題目は以下の通りです. “Sparse Feature Selection Method by Pareto-front Exploration ~Extraction of functional brain network and ROI for fMRI data~” Y.KOHRI; S.HIWA; T.HIROYASU. “Adaptive Weight Vector Assignment Method for MOEA/D” K.HARADA; S.HIWA; … 続きを読む

カテゴリー: 国際会議, 学会 | コメントをどうぞ

【速報】IEEE SSCI

IEEE SSCIがHawaiiで開催されます。 2017/11/30 11:15AM Adaptive Weight Vector Assignment Method for MOEA/D [#1355] Kei Harada, Satoru Hiwa and Tomoyuki Hiroyasu Doshisha University, Japan 2:00PM Sparse Feature Selection Method by Pareto-front Exploration -Extraction of functional brain network and ROI for fMRI data- … 続きを読む

カテゴリー: 国際会議, 学会 | コメントをどうぞ

AROB 22nd 2017

2017年1月19日から21日かけて大分県別府市のB-Con PLAZAにて開催されました,22nd International Symposium on Artificial Life and Robotics(AROB 22nd 2017)に参加いたしました.本研究室からは,廣安先生と田中那智(M2),後藤(M2),田村(M2),石原(M1),岡田(M1)が参加し,発表形式は口頭発表でした.発表演題は以下の通りです. “Helicobacter pylori Infection Identification from Gastroscopy Images: Reliability and Validity of Endoscopy Linked Color Imaging” Tomoyuki Hiroyasu, Yuto Okada, Hiroshi Ichikawa, Nobuaki Yagi, Hiroaki Kitae, Satoru Hiwa, Hiroshi Furutani … 続きを読む

カテゴリー: 国際会議 | コメントをどうぞ

SSCI2016

2016年12月6日から9日かけてギリシャ(アテネ)のRoyal Olympic Hotelにて開催されました,The 2016 IEEE Symposium Series on Computational Intelligence(SSCI2016)に参加いたしました.本研究室からは,廣安先生と郡(M1)が参加し,発表形式は郡が口頭発表でした.発表演題は以下の通りです. “Region-of-Interest Extraction of fMRI data using Genetic Algorithms “ Satoru HIWA, Yuuki KOHRI, Keisuke HACHISUKA, Tomoyuki HIROYASU SSCI2016は,IEEE Computational Intelligence Societyが主催するコンピューターインテリジェンスに関する世界的に重要な学会で,理論やアルゴリズム設計、アプリケーションなどの新しい技術についてセッションが開かれ,様々な分野の講演を聞くことが出来ました. 私自身初めての国際学会で初めての英語での口頭発表ということもあり,とても緊張しました.本番では,緊張からなかなか練習通りに発表はできませんでしたが,元気よくは発表できたと思います.つたない英語ではありましたが内容も理解していただけたようで,多くの質問も頂きとても充実した発表となりました.今回初めての国際学会で,海外経験の少ない私にとっては全てが貴重な経験となりました.この経験をもとに今後もより一層頑張っていきたいと思いました.   【文責:M1 郡】

カテゴリー: 国際会議, 学会 | コメントをどうぞ

Society for Neuroscience 2016 annual meeting

2016年11月12日~16日にかけて,アメリカのサンディエゴ (San Diego Convention center)にて開催されましたNeuroscience2016に参加いたしました.この学会は,神経系や脳についての研究を行っている研究者たちの交流や,神経科学に関する学術的発展に寄与することを目的に開催されています.80以上の国から3万人ほど参加する規模の大きい学会でした.本研究室からは日和先生,村上(M2),横山(M1)の3名が参加しました.発表形式はポスター発表でした.発表題目は以下の通りです. “Graph theoretical analysis of functional connectivity network during breath-counting mindfulness meditation.” S. HIWA*; M. IIZUKA; T. HIROYASU. “Development and discussion of dti phantom for nerve fiber tracking.”  S. YOKOYAMA*; T.HIROYASU; S. HIWA. “An fNIRS study … 続きを読む

カテゴリー: 国際会議, 学会 | コメントをどうぞ