月別アーカイブ: 10月 2013

【速報】BHI 2014

前橋・群馬で開催されたBHI 2013にて発表しました。 小淵将吾 (B4)  Analysis of Brain Areas Activated While Using Strategies to Improve the Working Memory Capacity

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

BHI 20013

BHI 2013は良かったです。発表の前日に温泉に行ったから、リラックスすることができました。私の前の発表者が二人欠席だったので、私の発表する時に廣安先生はいなかったです。残念でした。色々な国から来た研究者は多かったです。キーノート発表者の発表は面白かったです。一番好きな発表はMarcel A. Just先生でした。先生は、脳は言葉をどのように処理するかを説明しました。ディナーの時にキーノート発表者と話して、美味しい物を食べて、日本の太鼓を聞く事ができました。    【文責:Blandine】

カテゴリー: 国際会議, 学会 | コメントをどうぞ

第28回月例発表会

10月26日に第28回月例発表会が開催されました。この発表会では主に修士2回生が研究成果についての発表を行いました。発表者と題目は以下のようになっています。   三島康平(B4) 「数理モデルを用いた脳神経構造の検討」 福島亜梨花(M2) 「MaPea-Multiple analogy Parts extracting algorithm-」 星野雄地(M2) 「fNIRS 脳血流変化の類似度を指標とした活性部位と脳活動時間変化の推定」 林貴之(M2)  「ニューラルネットワークを用いた快・不快識別の検討」 藤井亮助(M2) 「広域医療連携システムのための性能とコストのトレードオフに基づいたデータレプリケーションの検討」 大堀裕一(M2)  「SVM と多目的最適化を用いた病理データの領域分類法の検討」 布川将来人(M2)  「細胞領域分割のための多目的遺伝的プログラミングの検討」 上堀聖史(M2) 「専門家が最良と判断する細胞画像を生成するシステムにおける画像呈示の高速化」   今回の発表会は修士論文提出が近い時期での発表となりましたので、どの発表についてもそれぞれの集大成に近い濃い内容であり、大変白熱した議論が行われていました。私自身も発表を行いましたが、質問を受けた際に研究の目的やコンセプトをうまく伝えることができなかったと感じています。 しかし、修士論文発表に向けて自身の研究についてじっくり見直す良い機会となりました。もう一度自分自身の研究について振り返り、何をモチベーションにして行っているのか考える必要があると感じています。修士論文提出までまだ少し時間が残されていますので、気を引き締めて精進していきたいと思います。そして、本番の修士論文諮問会では自分の研究についてしっかり伝えることができれば幸いです。 最後に、長時間の発表に付き合っていただいた廣安先生、横内先生、山本先生を始め、研究室の皆様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。 【文責:M2大堀】

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

プロジェクト特別演習の課題発表会

2013年10月23日に生命医科学研究科医工学・医情報学専攻の設置科目であるプロジェクト特別演習の課題発表会が行われました。 プロジェクト特別演習では、研究者や技術者に求められる能力である問題設定・解決能力、創造性、立案能力、自立した思考力等を身に付け、これらを総合的に運用できる能力を獲得することを目的としています。 そのため、学生が自発的に研究テーマの決定・計画・実験・発表を行うことになっています。 今回の課題発表会は、自分の研究テーマの背景や提案手法,実験計画などをポスターを用いて説明するという形式でした。 医療情報システム研究室からは、修士課程1年の16人が以下の題目で発表しました。 井上楓彩「電子透かしを利用した画像へのメタ情報付帯システムの提案」 松浦秀行「指尖追跡を用いた、UIにおける操作負担軽減システムの構築」 西村祐二「ジェスチャ操作デバイスを用いた診断画像操作システム」 大久保祐希「モーションキャプチャ装置と脳機能計測装置を用いたゲームアプリケーション開発における基礎検討」 大村歩「MRIにおけるCosmetic Artifactの検証」 関谷駿介「ユーザの感性を考慮した画像に適した音楽提供システム」 白石駿英「BESOMモデルによる視覚情報処理アルゴリズムの実装」 杉田出弥「難易度の高い課題における被験者意欲の検討:脳波計測による覚醒度の評価」 吉田倫也「顔の動作を用いた生体インターフェイスの開発」 後藤真櫻「簡易型fNIRSによる複数人同時計測時の脳血流変化の検討」 早川温子「性別による思考過程及び脳血流変化の関係性の検討」 木村茜「日常環境下での注意の持続を計測する簡易システムの検討」 將積彩芽「片側優位性が課題遂行に及ぼす影響」 真島希実「英語学習用ツールの作成とリーディングスパンテストによるその効果の検討」 中村友香「前腕の動きの程度と脳血流変化の検討」 大西夏子「照度環境が作業者の心理状態および知的生産性に及ぼす影響の検討」 異なる分野の研究室の教授たちと研究について意見を交換する機会は滅多にないので、非常に有意義な発表会となりました。 今後は、1月下旬の最終発表会に向けて各自が研究を進めていきます。 正規の研究と並行しながら行う必要があるので、計画性をもって準備をしていきたいと思います。 【文責:M1関谷】            

カテゴリー: 学内, 授業 | コメントをどうぞ

ソフトボール大会

2013年10月19日に第3回ソフトボール大会が開催されました. 今回医療情報システム研究室は初のソフトボール大会出場ですが,B4の学生を中心に多くの学生が集まりました. 中には留学生のハイナー君も参加してくれました. 結果は「初出場で初優勝」. 初めはキャッチボールもできなかったハイナー君は決勝ではサヨナラヒットを打つなどの目覚ましい成長を遂げました. たまに大声を上げながら三振するも要所要所でヒットを打って塁に出る岡村,背は小さいが外野の守備の要となってくれた大谷,吹奏楽部だったにも関わらず守備も攻撃もうまい佐藤之君,高校球児の白石くんのダイナミックプレー,いてくれるだけでチームに癒しをくれた森口さんと真島さんの活躍の影に野球経験があるにも関わらずエラー連発でまったく打てないどこまでも面白い佐々木君などが盛り上げてくれたおかげで私自身も楽しく,真剣にプレイすることができました. 例え遊びだとしても,真剣にプレイするみんなの姿はどのチームよりも輝いており,物事に真剣に取り組む態度は研究でも活かされているのだと学びました. 人数の足りない中,助っ人を含んでの優勝は少しできすぎかもしれないですが,本当に嬉しかったです. 次の日の筋肉痛は信じられない程の激痛で,日ごろの運動不足が露呈しました. 来年も開催されますので,それに向けて研究と同時並行でちょっとした運動もいい気分転換に繋がると思います. 最後になりましたが,大会に参加してくれた学生の皆さま,本当にありがとうございました. 【文責:B4 高本】

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

SMC2013

10/13~16にかけまして、マンチェスターにてIEEE SMC 2013が開催されました。SMCはシステム工学やサイバネティクス、ヒューマンマシンシステムといった分野における新しいアイデアや研究成果、研究ビジョンといったものを研究者が共有することを目的とした学会です。本研究室からは廣安先生、上堀聖史(M2)、関谷駿介(M1)、後藤真櫻(M1)が参加しました。 発表は口頭発表(発表12分・質疑3分)で行いました。 各発表者の発表題目は以下のとおりです。 ・Construction of an Interactive System Aims to Extract Expert Knowledge about the Condition Cultured Corneal  Endothelial Cells. Tomoyuki Hiroyasu, Kiyofumi Uehori, Utako Yamamoto, Misato Tanaka, ・Extracting Rules for Cell Segmentation in Corneal Endothelial Cell Images … 続きを読む

カテゴリー: 国際会議 | コメントをどうぞ

【速報】 SMC2013

IEEE SMC 2013に参加するために、マンチェスター/UKに来ています。 研究室からは下記の3件を発表します。 Construction of an Interactive System Aims to Extract Expert Knowledge about the Condition Cultured Corneal Endothelial Cells Tomoyuki Hiroyasu, Kiyofumi Uehori, Utako Yamamoto, Misato Tanaka, Extracting Rules for Cell Segmentation in Corneal Endothelial Cell Images using GP Tomoyuki … 続きを読む

カテゴリー: 国際会議, 学会 | コメントをどうぞ

ハイナくん歓迎会

So, I have arrived in Japan, and after a few weeks here, the laboratory organized a welcome party for me. So nice 🙂 We had a huge meeting of the whole laboratory that day, and I did a short presentation … 続きを読む

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

第27回月例発表会

2013年10月5日に第27回月例発表会が開催されました。 今回の発表会では、博士課程の方や留学生、発表が延期されていた4年生というバラエティに富んだ面々が、自身の研究成果等に関する発表を行いました。 発表者とテーマは以下の通りです。 荒井源紘(B4)「遺伝子診断」 高本哲弘(B4)「簡易型fN IR Sを用いた意思伝達装置開発のための基礎検討」 砂野元気(B4)「テクスチャ特徴量を用いた類似画像生成方法の検討」 Blandine(M2)「fNIRS Analysis During a Stroop Test in Different Languages, Activated Areas and Link Between Language Proficiency, Stroop Results and Brain Activation」 Heiner(M2)「はじめまして」 田中美里(D)「完成情報を用いた対話型情報推薦システム」 日和(D)「Design mode analysis on solution」 今回の発表会の内容は、これから研究を行う4年生が門出として自身の研究概要を研究室の方に説明する一方で、博士課程の方々が今まで積み重ねてきた非常にたくさんの研究成果を報告されるという非常に多岐にわたるものでした。 探り探り自分の研究に関して報告を行った4年生の発表者だけでなく、研究室の皆が難解な内容を非常に飲み込みやすく説明される博士課程の方々の素晴らしい発表に息を飲んだ会となりました。 また、留学生の英語による発表にも皆集中して聞き入りました。 本研究室でも英語の導入が進みつつあり、質疑応答についても多くの学生が英語を使ってコミュニケーションを図っていました。 … 続きを読む

カテゴリー: 月例 | コメントをどうぞ