月別アーカイブ: 1月 2015

修士論文公聴会

1月30日金曜日に修士論文公聴会が開催されました. 発表題目は以下の通りです. ■MK201 1.関谷駿介:2値化と成長型ニューラルガスを用いた画像セグメンテーションによる培養角膜内皮細胞の培養指標抽出システムの提案 2.大西夏子:色温度環境が選択的注意時の課題成績および脳活動に及ぼす影響の検討 3.中村友香:fNIRSデータに対する体動除去手法の提案と評価 4.西村祐二:DICOMタグを用いたユーザへの通知機能を有する医用画像管理システム 5.井上楓彩:GPGPUを用いた時空間画像処理による細胞領域分割システムの精度向上と性能評価 6.後藤真櫻:ヒトの協調作業時における脳血流変化を用いた脳機能の検討 7.大久保祐希:肘関節屈曲運動イメージにおける左右識別のためのEEGを用いた特徴量の検討 8.吉田倫也:fNIRSデータにおけるチャンネル最適選択による関心領域の検討 9.大村歩:fMRIデータを用いた快のレベル識別の検討 ■MK202 1.杉田出弥:視聴覚GO/NOGO課題の難易度変化が脳活動に及ぼす影響のfNIRSを用いた検討 2.將積彩芽:雑音環境が記憶作業時の脳血流変化と心理状態に及ぼす影響 3.白石駿英:2クラス分類の為の多目的遺伝的プログラミングによる特徴量変換手法の検討 4.松浦秀行:対話型遺伝的アルゴリズムを用いた専門家が良好と判断する角膜内皮細胞画像生成システムの構築 5.木村茜:視覚刺激と聴覚刺激に対する注意度合いと脳血流変化の類似性の検討 6.真島希実:脳血流量変化によるワーキングメモリ容量の検討 -リーディングスパンテストを用いた検討- 7.早川温子:技能習得における習熟度と脳血流変化の関係の検討 M2の先輩方が3年間MISLで研究をされてきた,その集大成.研究室生活で助け舟を出していただく事も多々あり,普段から先輩方のすごさを感じていましたが,本日の先輩方が発表していた姿はやはり,いつもよりもさらに頼もしい姿でした.2年後には自分たちもこのような姿を自分たちの後輩に見せなければいけない時が来ると考えると,気を引き締めなければと感じます. 発表されたM2の先輩方,本当にお疲れ様でした.   文責【B4:田中 那智】

カテゴリー: イベント, 発表会 | コメントをどうぞ

3回生向け研究室紹介

2015年1月26日に、医心館グランド階の多目的ホールにて、3回生に向けた研究室紹介が行われました。この研究室紹介は、学生たちが興味を抱いている研究室のブースに説明や質問を受けに行き、研究室に対する疑問や不安を解決することによって、配属したい研究室を最終決定するためのものです。私たちの研究室MISLからはM2が杉田、関谷、西村、M1が小淵、岡村、滝、B4が村上、後藤の7人が当日の説明係りを担当しました。 私たちは当日に向けて、1年の研究室生活や研究室で得られること、研究の全体像など、3回生が気になるであろうことを私達なりに予想し、研究室紹介ポスターや冊子を作成することで、説明のための準備を行いました。当日は、院進学を考えている学生を中心に、多くの3回生が聞きにきてくれました。今年から就職活動の時期が遅くなったことが影響し、就職活動を考えている3回生にとってMISLは対象外であるというのが私の素直な感想でした。またMISLは忙しい、休みがない、毎日の拘束時間が長いといった噂もたっており、その噂が3回生達を余計遠ざけていると感じました。私たちはそのイメージを脱却すべく、遠くからMISLを眺めている3回生達に積極的に話しかけ、噂がどこまで本当であるか、生徒の心配はどの程度本当なのかを素直に答えました。そうすることで大変だけど充実感のあるこの研究室は素晴らしいと少しでも伝えられたと思っています。 一方で、自ら説明を聞きに来てくれた3回生は、研究面でもイベント面でも充実しているMISLの話を聞いてとても満足し、志望度を高めているようでした。そしてまた担当者だけでなく、担当者以外の研究室メンバーも少しでも研究室の良さを知ってもらうために、3回生に積極的に話しかけたり、自分が作ったシステムを披露したりと協力してくれました。そのように愛情をもって研究室を勧めているみんなの姿を見て、私は改めてこの研究室で研究生活が送れてよかったなと思いました。 例え忙しくて、大変なことだらけでも、このように仲間との絆が育まれ、自らが成長出来る環境がある研究室は素晴らしいです。来年度も素敵なメンバーが配属され、研究室がより発展していくことを期待しています。新4回生の研究室配属は3月末。楽しみです!   【文責:M2杉田】  

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

第42回月例発表会【学内発表】

1月22日(木)に第42回月例発表会が開催されました.今回の月例発表会ではM2が各々の研究について発表しました. 以下に発表者と題目を記載します. 1.後藤真櫻 ヒトの協調作業時における脳血流変化を用いた脳機能の検討 2.早川温子 技能習得における習熟度と脳血流変化の関係の検討 3.井上楓彩 GPGPUを用いた時空間画像処理による細胞領域分割システムの精度向上と性能評価 4.木村茜  視覚刺激と聴覚刺激に対する注意度合いと脳血流変化の類似性の検討 5.將積彩芽 雑音環境が記憶作業時の脳血流変化と心理状態に及ぼす影響 6.真島希実 脳血流量変化によるワーキングメモリの検討-リーディングスパンテストによる検討- 7.松浦秀行 対話型遺伝的アルゴリズムを用いた専門家が良好と判断する角膜内皮細胞画像生成システムの構築 8.中村友香 fNIRSデータに対する体動除去手法の提案と評価 9.西村祐二 DICOMタグを用いたユーザへの通知機能を有する医用画像管理システム 10.大久保祐希 肘関節屈曲運動イメージにおける左右識別ためのEEGを用いた特徴量の検討 11.大村歩   fMRIデータを用いた快のレベル識別の検討 12.大西夏子  色温度環境が選択的注意時の課題成績および脳活動に及ぼす影響の検討 13.関谷駿介  2値化と成長型ニューラルガスを用いた画像セグメンテーションによる培養角膜内皮細胞の培養指標抽出システムの提案 14.白石駿英  2クラス分類の為の多目的遺伝的プログラミングを用いた特徴量変換手法の検討 15.杉田出弥  視聴覚GO/NOGO課題の難易度変化が脳活動に及ぼす影響のfNIRSを用いた検討 16.吉田倫也  fNIRS データにおける チャンネル最適選択による関心領域の検討 今回の発表は,修士論文発表のリハーサルでもあったため,毎日多くのM2が遅くまで研究室で発表に向けて準備に取り組んでいました. 本番に向けた最後の月例発表会であるため,いつも以上に緊張感をもって発表に臨みました. 先生方の多くのアドバイスやご指摘から,より良い発表をするために最後の一週間で何をするべきか,気付かせて頂きました. また,研究室の方々と議論できる最後の機会であったため,少しさみしい気持ちにもなりました. 当日は電車の大幅な遅延により,予定通りに発表会が行えませんでしたが,ミーティング担当の方をはじめ皆様のご協力により,無事月例発表会を終えることができました. 廣安先生,山本先生,田中先生,研究室の皆様,修士論文発表に向けて,多大なるご指導,ご助言を頂きまして本当にありがとうございました. 【文責:M2 大西】  

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

博士論文公聴会

1/17(土),わたくし 日和の博士論文公聴会が行われました. タイトル: 意思決定のための設計空間探査と設計モード解析に関する研究 日時: 平成27年1月17日(土) 15:30 – 17:30 場所: 同志社大学 京田辺校地 医心館 4F 輪講室B 発表者: 日和 悟(博士後期課程3年) 要旨: 工学設計問題は,設計の善し悪しを定量的に評価するための評価指標と,これに影響を与える調整可能な設計変数を用いて,定式化できる.特に,実世界の設計問題には満たすべき要求が数多く存在するほか,設計変数の数も膨大であるため,このような高次元空間の中で良い設計を発見することは容易ではない.工学設計とは,複数の性能要求を満たす設計変数の組み合わせを探索し,自らが望む設計を選択していく,設計空間探査と意思決定のプロセスである. 本研究では,設計空間探査の課題は,設計変数が高次元であるため,探索すべき空間が膨大であり良好な設計を発見することが困難であること,また,性能要求を同時にすべて満足できないため,トレードオフを考慮して多様な設計候補群を求める必要があることである.意思決定の課題は,設計空間探査で得られた設計候補の数が膨大になった場合に,それらの特徴を1つ1つ吟味・比較して候補を絞り込むことの難しさである.本研究では,これら2つの主要課題に対して,多様かつ優れた解を高速に得るための設計空間探査技術と,高次元かつ膨大な設計候補群から主要な設計パターンを抽出し,その特徴を定量的に分析するための技術として「設計モード解析」を提案・開発し,その有効性を示した. 所感: 私は2007年に工学研究科の博士前期課程を卒業し,電機メーカーに就職しました. その後2012年,再び同志社大学の門をくぐり,生命医科学研究科博士後期課程に入学しました. 卒業してから5年のブランクがあり,しかも働きながらということで,指導教授の廣安教授はじめ,関係者の皆様,また,所属会社の職場の同僚の皆様にも,多大なるご迷惑をおかけしながらなんとかここまでくることができました. 公聴会には学内関係者だけでなく,会社関係者の方にもご参加頂くことができ, さまざまな視点からのご指摘を頂き,活発な議論を行うことができました. 皆様のおかげで,最後の発表を満足できる内容で締めくくることができました. また,忙しい中,当日準備を手伝ってくれた研究室の学生の皆さんにも感謝しています. 企業のエンジニアとして仕事をしていると,個別の技術の新しさ,素晴らしさだけでなく 「それを使うことでビジネスとしてどんな価値が得られるのか」 「従来技術の使いこなしの方が実績があるので新しいものに変えるべきではない」 などの要求が時として優先され,技術そのものの面白さに拘って追求できないことがあります. その点,大学での研究は自由度が高く,個人の興味もうまく織り込みながら 研究を進めることができたと思います.エンジニアとして,大変幸せなことです. 大学で得た技術や考え方は,きっとこの先も私のエンジニアリング活動に大いに 活用できると信じています. 最後に,ここまで私をご支援くださった皆様に心より御礼申し上げます. ありがとうございました. 【文責:D 日和】  

カテゴリー: 学内, 発表会 | コメントをどうぞ