月別アーカイブ: 2月 2017

2016年度卒論審査会

2017年2月21日(火)に卒業論文審査会が開催されました.発表題目は以下の通りです. 「数息観時における脳状態の個人内ばらつきの検討」相本武瑠 「瞑想中の前頭部脳活動のfNIRSによる分析」藤井聖香 「Psychomoter Vigilance Taskにおける注意状態のEEGによる脳活動の検討」藤原侑亮 「安静時と瞑想時のfMRIによる脳活動の検討」郷彩乃 「非公開」池田幸樹 「非公開」石田翔也 「培養角膜内皮細胞の扁平率による細胞品質評価」小林渓太郎 「生体スキャナーの知的レベルの向上と設計」三浦侑子 「同期タッピング課題を用いた協調行動時における脳機能ネットワークの検討」水野めぐみ 「マインドフルネス瞑想中のの脳機能ネットワーク解析」三好巧真 「瞑想による脳状態の変化とゆらぎの関連性の検討」中川夏綺 「SLICとNormalized Cutを用いた脳アトラス作成手法の提案」中村圭佑 「自動車運転時の眼球運動の計測と解析」中村清志郎 「生体情報を用いた自動運転システムの構築–生体情報に基づく自動運転と手動運転の選択方法—」中野太朗 「持続的注意に関わる脳機能のfNIRSによる検討」西澤美結 「生体情報を用いた瞑想状態の判定アプリケーションの開発」奥村郁子 「非公開」下田恵美子 「非公開」田中潤也 「脳神経繊維ファントムを用いた拡散協調画像の撮像パラメータの検討」矢竹翼 「EEGを用いた脳活動データによる運動想起と柔道競技力の相関の検討」吉田鴻詩 普段の月例発表会とは異なり,他の研究室の先生方や学生の前での発表でした.資料を作成する中で,研究内容を知らない人に研究の要点や面白さを伝える難しさを改めて実感しました.発表に向けて先生方とディスカッションを行い,先輩方にアドバイスをいただき,1年間の集大成を納めることができました.また,他の研究室の発表も最後まで聞くことができ,MISLの良さも実感できました. 審査会当日は,粉雪が舞っており寒い早朝から始まりました.早朝から発表準備をしてくださった先輩方,当日参加してくださった皆様に感謝いたします.      【文責:B4 池田】

カテゴリー: イベント, 学内, 発表会 | コメントをどうぞ

第65回月例発表会

2月7日(火)に第65回月例発表会が開催されました.発表の順番,テーマは以下の通りです. 1.相本武瑠:数息観時における脳状態の個人内ばらつきの検討 2.藤井聖香:瞑想中の前頭部脳活動のfNIRSによる分析 3.藤原侑亮:Psychomotor Vigilance Taskにおける注意状態のEEGによる脳活動の検討 4.郷彩乃:安静時と瞑想時のfMRIによる脳状態の検討 5.池田幸樹:【非公開】 6.石田翔也:【非公開】 7.小林渓太郎:培養角膜内皮細胞の扁平率による細胞品質評価 8.三浦 侑子:生体スキャナーの知的レベルの向上と設計 9.三好巧真:マインドフルネス瞑想中の脳機能ネットワーク解析 10.水野めぐみ:同期タッピング課題を用いた協調行動時における脳機能ネットワークの検討 11.中川夏綺:瞑想による脳状態の変化とゆらぎの関連性の検討 12.中村圭佑:SLICとNormalized Cutを用いた脳アトラス作成手法の提案 13.中村清志郎:自動車運転時の眼球運動の計測と解析 14.中野太朗:生体情報を用いた自動運転システムの構築–生体情報に基づく自動運転と手動運転の選択方法– 15.西澤美結:持続的注意に関わる脳機能のfNIRSによる検討 16.奥村郁子:生体情報を用いた瞑想状態の判定アプリケーションの開発 17.下田恵美子:【非公開】 18.田中潤也:【非公開】 19.吉田鴻詩:EEGを用いた脳活動データによる運動想起と柔道競技力の相関の検討     本発表会では卒業論文審査会のリハーサルも兼ねており,卒論審査会当日さながらの形式で発表,先生からの質疑応答が行っていただき非常にいい緊張感の中で発表会を行うことができました.今年度最後の月例発表会となりましたが私自身にとって,そしてB4のみんなにとって大変貴重な経験となりました.B4一同この経験を活かして発表当日までスライドの調整,発表の練習をしっかりこなし,最後まで細部へこだわりこの一年間の成果を出し切って、より良い卒業論文審査会にしたいと思います. 【文責:B4 中野】

カテゴリー: 発表会 | コメントをどうぞ