月別アーカイブ: 11月 2017

【速報】等身大のマインドフルネス:対人援助職のための脳科学入門

<2017年度 公開講座>等身大のマインドフルネス:対人援助職のための脳科学入門(12/3開催@今出川・良心館203) 2017/12/3 本講座は,マインドフルネスに関する最新かつ正確な情報を吟味するための脳科学に関する基本的なリテラシーの獲得を目的としています。日和先生には脳科学の基礎知識(脳機能や最新の研究手法)について、藤野先生にはマインドフルネスに関する脳科学研究の最前線についてご講義いただきます。当日のモデレイターは、武藤崇(同志社大学)が務めます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

【速報】IEEE SSCI

IEEE SSCIがHawaiiで開催されます。 2017/11/30 11:15AM Adaptive Weight Vector Assignment Method for MOEA/D [#1355] Kei Harada, Satoru Hiwa and Tomoyuki Hiroyasu Doshisha University, Japan 2:00PM Sparse Feature Selection Method by Pareto-front Exploration -Extraction of functional brain network and ROI for fMRI data- … 続きを読む

カテゴリー: 国際会議, 学会 | コメントをどうぞ

【速報】第8回横幹連合コンファレンス

第8回横幹連合コンファレンスが、立命館大学 朱雀キャンパスで開催されます。 2017/12/02 脳機能イメージングによる瞑想状態の特徴抽出と検出 ○日和悟 (同志社大学),廣安知之(同志社大学)

カテゴリー: 国内学会, 学会 | コメントをどうぞ

Research Complex 第8回人材育成フレームワークレクチャー

2017年11月9日に同志社大学学研都市キャンパスの快風館にて開催されましたResearch Complex 第8回人材育成フレームワークレクチャーに参加いたしました.本研究室からは郡(M2)が参加しました.発表形式はポスター発表で,発表題目は以下の通りです. 「多目的最適化手法を用いたfMRIデータに対する重要な脳機能ネットワークと脳領域の抽出」 郡悠希,日和 悟,廣安 知之 この学会は,けいはんなリサーチコンプレックス事業が主催する学会で,フレームワークレクチャーを通じ大学・研究機関の研究者が進める研究内容や,研究が目指す未来像などを掘り下げ,話し合うことを目的に開催されています.そのため,学生だけでなく企業の方も参加しており,研究内容も様々でした.今回のフレームワークレクチャーでも,ポスター発表の他に「ヒューマンモデリング技術に基づく生活支援ロボット」と「自閉スペクトラム障害(ASD)が示す感覚運動情報処理の非典型性」の講演があり,自分の研究分野とはまた違った話を聞くことが出来ました. 今回は二回目のポスター発表ということもあり,あまり緊張せずに様々なことを議論し合うことが出来ました.この発表会では様々な分野の方がいらっしゃるため,どの様な背景でどの様な研究をしているのかをきちんと伝えられるように注意して発表を行いました.ポスター発表に来て下さった方々には面白い研究だと言って興味を持っていただけ,背景だけでなく手法や結果についてなどより深い議論をさせて頂くことが出来ました.今回の発表では,企業の方や他の研究室の学生など様々な背景を持つ研究室外の方と議論し,様々な考え方に触れることが出来たので,とても良い刺激を受けることが出来ました.今後もこの経験を活かして頑張っていきたいと思います. 【文責:M2 郡】

カテゴリー: 国内学会, 学会 | コメントをどうぞ