月別アーカイブ: 6月 2018

第57回日本生体医工学会大会

2018年6月19日から21日にかけて札幌コンベンションセンターにて開催されました日本生体医工学会大会に参加いたしました.本研究室からは谷口(M1)と中村(清)(M2)の2名が参加しました.発表形式は口頭発表でした.発表題目は以下の通りです. 「fNIRSを用いたhyperscanningによる協調時の脳活動の検討」  谷口 尚,日和 悟,廣安 知之 「ラジコンカーの操作が脳活動に及ぼす影響」  中村 清志郎,日和 悟,廣安 知之 日本生体医工学会は生物学における電子工学、機械工学などの方法、および工学における医学、生物学的知見の応用に関する研究の発展、知識の交流および社会における事業の振興をはかることを目的として設立されました.本学会は,医学・生物学と理工学との中間領域に関係する研究者の協力の場として機能しています.この学会ではNIRSに関する研究はもちろんですが,生体と医療に関する発表が多く行われており,幅広い分野の発表を聞くことができました.   この学会が私にとって初めての口頭発表となりました.実際に発表をするまでは非常に緊張しましたが,前日まで練習していたこともあり,わかりやすく発表できたと思います.質問等も多くいただき,様々な指摘もいただけたので,今後の研究や発表に生かしていきたいと考えています. 【文責:M2 中村(清)】

カテゴリー: 国内学会, 学会 | コメントをどうぞ

【速報】第57回日本生体医工学会大会

札幌コンベンションセンターで開催された第57回日本生体医工学会大会にて2名の学生が発表しました。 fNIRSを用いたhyperscanningによる協調時の脳活動の検討 谷口尚(M1)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

【速報】The 24th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping

2018/6/17-2018/6/21の日程で、シンガポールで開催された The 24th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping にて下記の発表を行いました。 Generating individual brain atlases reflecting structural and functional characteristics 中村圭佑(M2) Mindful Driving: Detecting driver’s attention and distraction using fNIRS 藤原侑亮(M2) Extracting functional network differences from multiple brain states based on … 続きを読む

カテゴリー: 国際会議, 学会 | コメントをどうぞ

The 24th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping

2018年6月17日〜22日にかけて,シンガポールのサンテックシティにて開催されましたThe 24th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mappingに参加しました.この学会は,ヒトの脳組織および脳機能のマッピングに関する研究に携わる様々な背景を持つ研究者を集め,これらの科学者のコミュニケーションおよび教育を促進することを目的に開催されています.M2の三好,石田,中村圭佑,藤原,西澤,M1の杉野,大塚の計7名が参加しました.19日,20日のポスターセッションおよび21日のポスターレセプションにおいて日和先生,三好,石田,中村,藤原,西澤,杉野,大塚が発表しました.発表形式はポスター発表で計3時間参加者の方々と議論を行いました. “Evolutionary optimization approach to explore the functional network organization during meditation” S.HIWA; T.HIROYASU. “Mapping the brain state behavior during meditation in low dimensional feature space” T.MIYOSHI; S.HIWA; T.HIROYASU. “Generating individual brain … 続きを読む

カテゴリー: 国際会議, 学会 | コメントをどうぞ

2018年度6月イブニングセミナー

6月13日(水)に株式会社ファインネットワールド代表取締役 赤木広紀さんと,廣安先生,日和先生,M2の藤井(聖)さん,三好さんによるイブニングセミナーが開催されました. セミナーは2部構成でした.前半は学生から事前に回収されたアンケート内容等に基づき,M2の先輩方からの質問に先生方が回答されるというインタビューが,後半は先生がお話しされた内容のキーワードをもとに,先輩方がより話を深めるという本当の「コーチング」が行われました. 前半の内容を見て赤木さんにお話しいただくまでは,「コーチング」とは質問して単に答えてもらうというやり取りのことなのだろうと思っていました.しかし実際はその逆の「話す側が主役だ」ということをお伺いして,インタビューとコーチングの違いに納得することができました.話す側の答えを引き出してあげる「コーチング」にはpotentialとinterruptの2つの要素があり,話す際のプレッシャーや自己否定といったinterrruptというマイナス要素をいかに小さくできるかで,引き出せる話の深さが変わるそうです.自分にどれほどのpotentialがあるかは未知ですが,将来誰かに対してより良いコーチングができるように,今から話の引き出し方を磨いていきたいと思いました. 先生が回答されていたことで印象に残っていることが大きく2つあります.1つ目は,先生方が学生のことをとても考えて理解しようとしてくださっていることです.私たちの力に期待し,もっと伸びると信じてくださっている先生方の下で研究できる現在の環境はとても恵まれており,私たちも先生方の発言や行動の意図をきちんと理解する必要があると強く思いました.2つ目は,自分たちの研究が世界と戦えるレベルの研究であるということです.先生方が学生の適性を見て考えてくださった実験テーマを,与えられたものだと受け身の姿勢で取り組むのではなく,学生自身のやりたいことにつながる技術が学べるものであり,自分で積極的に考えることでそのテーマの中に楽しみを見出すことが大切だと感じました. B4のこの時期に先生方の考えておられることを聞くことができたのは非常に良かったですし,とても貴重なことだったと思います.先生方のお話を聞き,さらに熱くなった研究への気持ちを持ち続けて,卒業論文まで駆け抜けたいと思います. 【文責:B4 濵岡】

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

第79回月例発表会

2018年7月10日に第79回月例発表会が開催されました. 本月例発表会ではB4 2名(北川,藤本),M1 2名(大塚,杉野),M2 5名(中村(圭),西澤,藤原,三好,石田の計9名が発表しました. B4の2名はKEYTECHの発表を行いました.発表者は研究室に配属されてから2カ月でしたが,発表内容は詳しく,聞いていて面白い発表でした.発表日のギリギリまで頑張っていた様子も印象的でした. また,残りの7名はOHBM2018の参加が近かったため,ポスター形式のリハーサルを行いました.英語での発表であったため緊張しましたが,実際に色々な人に聞いてもらい,本番までの改善点も多く見つけることができました.また,未発表者にとっては,発表者のポスターを聞きにいき,国際学会のイメージをつけることができたと思います.今回の経験を生かして今後の成長につなげていきたいと思います. 【文責:M2 西澤】

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

第32回人工知能学会全国大会

6月5日(火)~8日(金)にかけて鹿児島県鹿児島市にて開催されました2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)に参加いたしました.本学会は,人工知能学会によって主催された学会で,企業や研究者,学生が参加して,現在ブームである人工知能を用いたセッションがあり,新たな発展や次の方向性に関わる様々なアイディアが提案され、議論されることを目的に開催されています.本研究室からは廣安先生,日和先生,藤原(M2)の3名が参加しました.発表形式は口頭発表でした.発表題目は以下の通りです. 「Well-beingの定量化に向けて:脳機能ネットワークに基づくマインドフルネスの見える化の検討」  日和 悟,廣安 知之 「マインドフル・ドライビング:fNIRS を用いた自動車運転中の注意状態の分析」  藤原 侑亮,日和 悟,廣安 知之 本学会では,日和先生がオーガナイザを務める【Well-being Computing】のセッションが開かれ,マインドフルネスや睡眠などWell-beingに関わる研究について多くの発表を拝聴し,貴重な経験をさせていただきました.また,自身の発表では,月例発表会とは異なり,様々な研究分野における専門家の方々から,鋭い質問やアドバイスを頂くことができました.この学会を通じて改めて自身の研究について考え直し,さらに頑張って良い結果を出していこうと思いました.自身の発表以外にも,様々な方面の注目を集めている研究に触れる機会や,人工知能についての歴史から近年の動向まで学ぶ場面があり,とても有意義な時間を過ごせました. 【文責:M2 藤原】

カテゴリー: 国内学会, 学会 | コメントをどうぞ