SMC2013

10/13~16にかけまして、マンチェスターにてIEEE SMC 2013が開催されました。SMCはシステム工学やサイバネティクス、ヒューマンマシンシステムといった分野における新しいアイデアや研究成果、研究ビジョンといったものを研究者が共有することを目的とした学会です。本研究室からは廣安先生、上堀聖史(M2)、関谷駿介(M1)、後藤真櫻(M1)が参加しました。
発表は口頭発表(発表12分・質疑3分)で行いました。
各発表者の発表題目は以下のとおりです。

・Construction of an Interactive System Aims to Extract Expert Knowledge about the Condition Cultured Corneal  Endothelial Cells.
Tomoyuki Hiroyasu, Kiyofumi Uehori, Utako Yamamoto, Misato Tanaka,
・Extracting Rules for Cell Segmentation in Corneal Endothelial Cell Images using GP.
Tomoyuki Hiroyasu, Shunsuke Sekiya, Sakito Nunokawa, Noriko Koizumi, Naoki Okumura, Utako Yamamoto,
・A Preliminary Study of Interaction Effects on Brain Activity during Cooperative Work using fNIRS.
Tomoyuki Hiroyasu, Mao Goto, Utako Yamamoto, Hisatake Yokouchi

smc2smc1

上堀・関谷が3日目、後藤が4日目に発表しました。3名とも英語での発表は初めてとのことでしたので、発表練習など事前準備をしっかりと行っていきました。本番になるとかなり緊張した様子が伺えましたが、いざ発表になると堂々と話すことができ、また英語での質疑の受け答えもしっかりとできた学生もいました。また自身の発表以外では他の学生や先生方の発表を聞いていました。自分の研究や、自身の研究室で他の方が取り組んでいるものと関連がある研究が多くあったので、これからの研究活動に参考になったのではないかと思います。しかしこういった海外の場で様々な情報を得たり、コミュニケーションをするためには英語能力が大事であると改めて痛感したと同時に、英語スキルを磨きたいというモチベーションにも繋がりました。
この度学会参加にあたり、先生方、学生方には大変お世話になりました。
ありがとうございました。
【文責・M2上堀】
カテゴリー: 国際会議   パーマリンク

コメントは受け付けていません。