第18回日本光脳機能イメージング学会

7月26日(土)に東京都千代田区永田町の星陵会館にて第18回日本光脳機能イメージング学会が開催されました.本研究室からは,廣安先生,滝 謙一(M2),信楽 慧(M1)が参加しました.滝,信楽はポスター発表,約1分のフラッシュトークにて自身の研究結果を発表しました.発表題目は,以下の通りです.

■「部位ごとの血流動態反応関数の推測による脳機能の結合性の検討」滝 謙一,廣安 知之

■「ダブルフラッシュ錯覚時における感覚間相互作用のfNIRSを用いた 脳機能計測法」信楽 慧,蜂須賀 啓介,奥野 英一,廣安 知之

日本光脳機能イメージング学会は,光脳機能イメージングを利用・開発する研究者等が情報を交換する場を提供し,光脳機能イメージングの発展,普及促進を目的とした学会です.今年から始まったポスター発表内容のフラッシュトークのプログラムのおかげで,多くの方がポスターを聞きに来てくださり,とても有意義な学会となりました.私は今回が初めての学会参加だったため,自身の研究の成果を発表しそれについて議論を行う事の楽しさを知り,今後の研究生活のモチベーションを上げることが出来ました.学会終了後は,MISLのOBである日和さんと合流し,研究の事だけでなく様々なお話をさせていただきました.廣安先生,田中先生,研究室の皆様,学会参加にあたり,多くのご指導ご鞭撻を誠にありがとうございました.今後とも精一杯頑張りますので,よろしくお願いいたします.

P1070410

【文責:M1信楽】

カテゴリー: 国内学会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。