第15回進化計算学会研究会

2019年3月7日~3月8日にかけて横浜国立大学(神奈川)にて開催されました第15回神化計算学会研究会に参加いたしました.本研究室からはM1大澤とB4田中の2名が参加しました.発表形式はフラッシュトークおよびポスターで,発表題目は以下の通りです.

  • 「Double Niched Evolutionary Algorithm (DNEA)のナップサック問題への適用と検討」
     大澤 僚也,日和 悟,廣安 知之
  • 「Local Optima Network を用いた離散最適化問題における適応度地形解析」
     田中 彰一郎,日和 悟,廣安 知之

この研究会は、進化計算学会によって主催されたもので,進化計算学会研究会としては15回目でした.進化計算学会研究会は,最先端の質の高い研究についてじっくりと議論するとともに,次世代を担う若手の研究者(学生を含む)のための研究発表の機会を提供することを目的に開催されています

今回の研究会は自身の研究が進化計算へと変わってから初の学会発表でありました.そのため不安もありましたが,ポスターセッションでは多くの他大学の学生や先生方に興味を持っていただき,様々な意見や質問をいただいたので,とても充実した時間となりました.自身の発表外の時間であっても,参加している他の学生や先生は,専門の方々のため,充実した議論や交流を行うことが出来ました.また今回の研究会で先生方の講演や学生の発表を聴講し,より良いディスカッションをする上で自分の知識がまだまだ足りないことを実感することができました.次回の学会参加には,研究を通してより成長し専門性を高めて挑戦したいと思います.

      


【文責:M1 大澤】

続報:上記の発表で田中が最優秀ポスター発表賞を受賞しました.

カテゴリー: 国内学会, 学会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。