AROB 25th 2020

2020年1月22日〜24日にかけて大分県別府市にて開催されました25th International Symposium on Artificial Life and Robotics(AROB 25th 2020)に参加致しました.本研究室からは廣安先生と清水さん(M2),藤井さん(M2),吉岡さん(M2),辻本(M1)の5名が参加致しました.発表形式は学生全員が英語による口頭発表でした.また,廣安先生がComputational intelligence and cognitive science for human biosignals and human well-beingというセッションを担当し,そのセッションで学生4名が発表しました.学生4名の発表題目は以下の通りになります.

  • “Mindful driving: Relationship between driving operation and biological information during mind wandering”
     K.YOSHIOKA; Y.KAWARATANI; H.FURUTANI; T.HIROYASU; S.HIWA.
  • “Brain functional response to different categories of image stimulation using fNIRS”
     R.SHIMIZU; H.FURUTANI; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Effects of two-dimensional crossover in genetic algorithms”
     A.FUJII; H.FURUTANI; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Molecular graph discovery using machine learning approach”
     Y.TSUJIMOTO; Y.OE; H.FURUTANI; S.HIWA; T.HIROYASU.

今回の学会参加は私にとって初めての国際学会でした.初めての学会でしかも,国際学会の口頭発表という事もあり,発表時は大変緊張しました.しかし,別府に到着してからも,入念にスライドの作成や発表練習を行ったので,規定の発表時間内で自分の研究を伝えることができました.質疑応答は英語で答えれる質問もありましたが,古谷先生の質問には答える事ができなかったので,英語のスキルアップが今後の課題であると改めて実感しました.さらに,質問をして答えを聞くだけでなく,そこからディスカッションがある事で,研究発表から新たな知見を得る事が多いと感じました.また先輩方は英語での口答発表でしたが,特に堂々と自信を持って発表されてました.他のセッションでも多くの研究発表を聴講することができたため,今後の研究に活かしていきたいと考えます.

【文責:M1 辻本】

カテゴリー: 国際会議, 学会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。