画像フィルタリングのための間隔値ファジィ集合に基づくファジィフィルタ

Fuzzy lter based on interval-valued fuzzy sets for image ltering
Buzzye Sets and Systems, Vol 161, Issue 1, 1 January 2010, pp. 96-117

間隔値ファジィ集合(IVFS)によるファジー画像フィルタは,画像からノイズを除去するために提案されている.提案するフィルタはIVFS エントロピーアプリケーションに基づいている.IVFS を考慮に画像処理に固有の
総不確実性を取ることができ,ノイズ除去に有効である.間隔値ファジィ集合のエントロピーは,最初の段階で,すべての主要で均質な領域を見つけるためにヒストグラム解析を行うためのツールとして使用される.そして、効
率的なピーク発見アルゴリズムは,ヒストグラムの最も重要なピークを同定するために使用される(1)(1)と、ノイズフィルタリング工程(2)(2)の各ノイズ画素の元の値を推定することが提案されている.実験結果での提
案するフィルタは,インパルスノイズを抑制し,ガウスノイズを低減しつつ,画像の詳細を保存する古典的なファジーフィルタを上回ることができることを実証した.本手法の主な利点は,閾値または同調されなければならな
いパラメータの数を制限することである.

マルチスケール幾何学表現と空間の絡み,および方向頻度選択制でのパノラマ

A panorama on multiscale geometric representations, intertwining spatial, directional and frequency selectivity
Singnal Processing, Vol. 91, issue12,December,pp. 2699-2730

20150518 goto

自然のイメージは,画像処理とコンピュータービジョンによって適切に画像を描写する.後の見解で,平滑化
領域の正確な輪郭や質感を再現することに成功した.過去10 年,画像のエッジとパターンのマルチスケールおよ
び順応した特徴を強調することが提案されてきた.本論文は、先にマルチスケール、オリエンテーションベース、
または辞書での分解の全貌を描いている.それらは,一般的に変換されたドメインや,シンプルな形の変化に対し
より良く適し重複する.縦横したマルチスケール辞書は従来のウェーブレット処理を拡大し、回転普遍性を提唱
した.冗長された辞書は効果的な描写の探求をシンプルにするために,特定のアルゴリズムを必要とする.加え
て,マルチスケール幾何学分解は,表面を調和させたような球または非ユークリッドのドメインに拡張すること
について考察している.パノラマの語源は,部分的に重なった画像の選択に基づいた全体像を意味している.本
論文が近年の画像処理の研究の有用性と理解に貢献することを期待している.

カラー医用画像の分類のためのJoint sparse coding の空間ピラミッドマッチング

Joint sparse coding based spatial pyramid matching for classi cation of color medical image
IEEE TRANSACTIONS ON BIOMEDICAL ENGINEERING, VOL. 62, NO. 4, APRIL 2015

20150518 ntanaka

カラー医用画像は,臨床診療において重要であるが,それらは通常,パターン認識による処理するためにグレー
スケールに変換することで,多くの色情報が失われる.スパースコーディングベースの線形空間ピラミッドマッチ
ング(ScSPM)およびその変異体は,グレースケール画像分類のためによく利用されるが,色情報を抽出すること
はできない.本稿では,カラー医用画像の分類のための,joint sparse coding based SPM (JScSPM) 法を提案す
る.joint deictionary は,各カラーチャンネルの色情報及びチャネル間の相関の両方を表すことが可能である.そ
の結果,joint dictionary から算出されたjoint sparse code は,色情報を運ぶことができるので,この方法は,グ
レースケール画像のための記述子をカラー記述子へ変換することが可能である.カラーの肝癌の細胞の画像デー
タセットは,提案JScSPM アルゴリズムの性能を評価するために使用した.実験結果は,JScSPM はよく用いら
れるScSPM とカラー医用画像の分類のためのオリジナルのScSPM と比較して改善されている事を示す.

拡大内視鏡画像の分類のための多方向多重解像度による特徴量抽出

Feature extraction from multi-directional multi-resolution image transformations for the classi cation of zoom-endoscopy images
Pattern Analysis and Applications, Vol. 12, No. 4, pp.407{413, 2009

20150518 hayashinuma

本稿では,拡大内視鏡画像の分類することを目的にガボールウェーブレット変換のサブバンドおよびデュアル
ツリー複素ウェーブレット変換より得られる画像の特徴量の識別力について議論する.我々はカラーテャンネル
情報を分類のプロセスに組み込み,輝度値のみに基づく画像の解析と比較して優れた分類結果であることを示す.

疲労の主観的な感覚が,腹外側前頭前皮質での反応の低下に関係している

Subjective feeling of psychological fatigue is related to decreased reactivity in ventrolateral prefrontal cortex
Brain Research, Vol.1252, pp.152-160, 2009

本研究の目的は,疲労感と脳機能との関係を検討することである.23 名の健康な若いボランティアがこの研究 に参加した.visual-analogue scale (VAS) の得点と睡眠時間を用いて評価される疲労感と,近赤外分光法(NIRS)の52 チャンネルにより測定される言語流暢課題時の大脳皮質の反応性との間で,その関係は調査された.VAS の 得点は,前頭部の腹外側部から側頭部の上部にかけての左右領域のチャンネルにおける,言語流暢課題時の酸素化ヘモグロビン濃度(oxy-Hb) 増加量と負の相関をもった.前夜の睡眠時間は,前頭前野背外側部の左右領域のチャ ンネルにおける,言語流暢課題時のoxy-Hb 増加量と正の相関をもった.VAS の得点や前夜の睡眠時間において,コントロール課題である左指タッピング課題時のoxy-Hb 増加量とは有意な相関関係が存在しないことがわかった. 疲労の主観的な感覚は,前頭部の腹外側部や側頭部の上部での反応の低下に関係していて,前頭前野背外側部の反応と相関のある前夜の睡眠時間には関係していない.これらの結果は,前頭部の腹外側部や側頭部の上部での 一過性の機能低下や持続的な機能不全が疲労における脳の基質の一つであることを示唆している.また,NIRS は自然に近い環境での検討を可能にするので,これらは疲労のような主観的現象時の脳機能を調査するためにNIRS の利点をも実証する.

感覚の同期:タッピングのレビュー論文

20150512 murakami

Sensorimotor synchronization: A review of tapping literature

Psychonomic Bulletin Review, Volume 12, number 6, Pages 969-992, 2005

感覚の同期(SMS)は知覚と行動のリズム的な同期であり,いろいろな状況で起こる.特に音楽やダンスにおいて目立って見られる.研究室では,しばしば指のタッピングを音刺激に合わせる研究がされている.このレビューはタッピング課題を含んだ理論と実証結果をまとめている.8つのセクションは意図, 速度制限, 負の平均非同期,変動性,誤差修正モデル,摂動研究,SMS の神経相関,およびSMS モデルを扱っている.この中心的の理論問題は,どのように知覚情報を特徴づけるのが最も良いのか,またヒトがSMS に達し,維持する内的な過程を考察している,最近の研究ではSMS はヒトの認知制御の程度で異なる二つの誤差修正過程(位相補正と時間補正)によって制御されて,異なった脳の回路と関連があることが示唆されている.それらは,行動制御のメカニズムと知覚的な判断と行動の計画を含む意識的な過程の違いを例示している.