内在性休止状態活動は作業記憶の脳の活性化および行動のパフォーマンスを予測する

Intrinsic resting-state activity predicts working memory
brain activation and behavioral performance
HUMAN BRAIN MAPPING,Vol.34,Issue.12,3204-3215,2013
20170907 sishida

レスティングステイトの脳活動はタスク由来の脳活動に調和することが実証されているが,内在性の脳活動と 誘発性の脳活動の関係は完全に特徴づけられていない.例えば,内在性活動がタスク誘発性の不活性を予測でき るかどうか,レストとタスクの関係はタスクの負荷に依存するかどうかは分からない.この研究において同じセッ ションで集められたれスティングステイトとタスク駆動(N-back ワーキングメモリタスク)のfMRI データを用 いて40 人の健康なコントロール被験者のこれらの問題について取り組んだ.内在性のスティングステイトの活動 の指標として低周波変動振幅(ALFF)を用い,中前頭回と下/上頭頂小葉のALFF はWMタスク由来の活動と 正の相関を示し,下/上頭頂小葉のALFF はWMタスク由来の活動と正の相関を示し,中前頭前皮質,後部帯 状皮質,上前頭回,上側頭回,および紡錘状回はWMタスク由来の不活性と負の相関を示すことがわかった.さ らに,下/上前頭回,下/上頭頂小葉,上側頭回,正中線領域はより高いWMタスク負荷でより強かった.さら に,上頭頂小葉/楔前部のレスティングステイトの活動とタスク由来の活動は被験者間のパフォーマンスの分散 の同様な部分を説明するWMタスクの行動パフォーマンスに有意に相関していた.まとめると,これらの結果は レスティングステイトの内在性活動が認知課題を実行するために特定の脳回路関与を促進するか許容しているこ と,そしてレスティングステイトの活動は後のタスク由来の脳の反応と行動パフォーマンスを予測できることを 示唆している.