Turbo-Satori:リアルタイム機能的近赤外分光法のためのニューロフィードバックと脳コンピューターインターフェースツールボックス

Turbo-Satori: a neurofeedback and brain-computer interface toolbox for real-time functional near-infrared spectroscopy
Luhrs, Michael and Goebel, Rainer
Neurophotonics, vol.4, No.4, pp. 041504, 2017
20171107_sfujii

“Turbo-Satoriは,リアルタイム機能的近赤外分光法(fNIRS)のための神経フィードバックと脳コンピュータインタフェース(BCI)ツールボックスである.リアルタイムの前処理および分析から神経フィードバックおよびBCIアプリケーションまでの複数のパイプラインが組み込まれている.ツールボックスは有用性に重点を置いて設計されており,リアルタイム実験のセットアップと実行を迅速に実行することができる. Turbo-Satoriは,リアルタイムの一般的な線形モデル計算に高度な再帰最小二乗法を使用し,高度なBCIアプリケーション用のSVM教師あり学習を使用している.これは,一般的なNIRx fNIRSハードウェアと直接通信し,最大6時間の録音実験中に,すべてのサンプリング間隔の計算時間を大幅に変更することなく,計算をリアルタイムで実行できるように幅広くテストされた.高度な処理機能に即座にアクセスできるようにすることで,fNIRSのデータ収集と処理の分野で,学生や非専門家にもこのツールボックスを使用可能である.柔軟なネットワークインターフェースにより,第三者の刺激アプリケーションは,処理されたデータおよび計算された統計にリアルタイムでアクセスし,この情報を神経フィードバックまたはBCIプレゼンテーションに容易に組み込むことが可能である.”