機械学習による瞳孔径を用いた快・不快感情識別

Machine learning to differentiate between positive and negative emotions using pupil diameter
Babiker Areej, Faye Ibrahima, Prehn Kristin, Malik AamirAnke
Frontiers in psychology, Vol.6, 2015
20171122_hwada

瞳孔径は個人の感情状態を識別するための信頼可能なパラメータとして示唆されている.本稿では,正と負の 感情を検出し,識別するための機械学習技術を提案する.30 名の被験者に陽性および陰性の刺激を与え,瞳孔反 応を記録した.結果,正及び負の音刺激の処置中に瞳孔拡張において有意な増加を示し,負の刺激に対してより 大きな増加を示した.さらに,タスク終了時に陽性刺激と比較して陰性の持続的拡張が認められ,正および負の 感情の識別のために精度 96.5%,感度 97.93%,特異度 98%となる機械学習アプローチに利用された.得られた結 果は,異なる研究のために設計された,30 人の参加者が陽性,陰性の感情を伴う単語を処理しながら記録した別 のデータセットを用いて検証された.