LCIとBLIを用いた早期胃癌の可視性の評価

Evaluation of the visibility of early gastric cancer using linked color imaging and blue laser imaging
Yoshikazu Yoshifuku, Yoji SanomuraEmail, Shiro Oka, Mio Kurihara, Takeshi Mizumoto, Tomohiro Miwata, Yuji Urabe, Toru Hiyama, Shinji Tanaka and Kazuaki Chayama
BMC gastroenterology, Volume 17, No. 1, pp.1–7, 2017
20180110 yokada

背景:BLIとLCIはLASEREO内視鏡システムの色強調機能であり,それぞれ狭帯域光観察機能と色情報の拡大縮小を実現する. 手法:我々は,2014年4月から2015年8月までの間に早期胃癌(EGC)と診断された82人の患者を検査した.5人の専門家および5人の非専門家の内視鏡医により,非拡大BLI-brightモード(BLI-BRT)およびLCIで得られた画像と,従来の白色光イメージング(WLI)で得られた画像を比較した.また,2者間の確認も同様に評価された. 結果:専門家による画像の評価では,LCIおよびBLI-BRTのそれぞれにおいて,73%(60/82)および20%(16/82)の症例で視認性の改善が観察された.非専門家による画像の評価では,LCIおよびBLI-BRTのそれぞれにおいて,76.8%(63/82)および24.3%(20/82)の症例で視認性の改善が観察された.専門家と非専門家の間では,画像の評価に有意差はなかった.視認性の改善は,専門家および非専門家においてBLI-BRTよりLCIで有意に高かった(p<0.01).WLI上の腫瘍の色に関して,LCIを使用した場合,赤みを帯びた白っぽい腫瘍の視認性の改善は等色性の腫瘍よりも有意に高かった.LCIによる視認性の改善は,それぞれヘリコバクターピロリ(Hp)除菌の有無において,それぞれ71%(12/17)および74%(48/65)の患者で観察された.両者間の確認は,0.62以上で満足できるものであった. 結論:結論として,内視鏡医の経験やHp除菌のレベル,赤みを帯びた白っぽい色のEGCのレベルにかかわらず,LCIがEGCの視認性を改善することを示した.視認性の改善は,BLIよりLCIが有意に高かった.