脳の接続性:性別は違いを生む

Brain connectivity: genter makes a difference
Gaolang Gong,Yong He,Alan C. Evans
The Neuroscientist, Vol.17, No.5, 575-591, 2011.

性別は人間の脳の解剖学および機能ならびに人間の行動に重要な役割を果たすことがよく知られている. 最近の
脳神経イメージング研究では脳の局所領域だけでなく領域間のつながりにも性別の影響が示されている. 具体的な
例として構造的MRI および拡散MRI データは白質に基づく解剖学的接続性における実質的な性差を示している.
構造的MRI データは脳領域間の形態学的相関によって明らかにされた結合性における性差を示した. 機能的な神
経イメージング(例えば機能的MRI およびPET)データから得られる機能的連結性も性別によって左右される.
さらに男性の脳と女性の脳はネットワークトポロジーの違いを示し,それぞれ異なった脳全体の脳の接続性の組
織パターンを表しています. 本稿では現代の神経画像技術から得られた大規模なデータセットに焦点を当て性別と
のマルチモーダルな脳の接続性/ネットワーク研究における最近の知見を要約している. 文献はおそらく性別に関
連した認知能力の差異の根底にある人間の脳内の脳の接続における実質的な性差についての証拠を提供する. した
がって実験を設計したり健康や病気における脳の接続性/ネットワークの結果を解釈する際には性別による差異を
考慮する必要がある. 性別に関連した脳の接続性/ネットワークと脳疾患の性別特有の性質との相互依存性を探る
とともに,正常な脳におけるマルチモーダルな脳の接続性/ネットワークの性別関連の特性を調べるための今後の
研究が行われることが予想される.