耳内EEGを用いた運転者の眠気検知

Driver Drowsiness Detection Using the In-Ear EEG
Taeho Hwang, Miyoung Kim, Seunghyeok Hong, Kwang Suk Park
2016 38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), pp. 4646-4649, 2016.

運転者の眠気監視は,深刻な交通事故を積極的に防止するための最も要求される技術の1つである.眠気監視のために脳波(EEG)といくつかの周辺信号が提案されている.しかしながら,各種類の信号は,利便性または正確性のいずれかに関して部分的な制限を有している.最近出現した耳内EEGの概念は,目障りさの減少のために期待を高めている.頭皮内EEGまたは周辺信号と比較して,耳内EEGが眠気検出に十分に有効であるかどうかはまだ不明である.本研究では,ドライバーの覚醒 – 眠気分類における耳内EEGのパフォーマンスを初めて評価を行った.同時に,心電図(ECG)、フォトプレチスモグラム(PPG),および電気皮膚反応(GSR)を含む3つの周辺信号も測定した.これらは測定の利便性において有利である.耳内EEGを用いた分類分析は,個々の頭皮上EEGチャンネルのそれに匹敵する高い分類精度をもたらした.ECG,PPGおよびGSRは競争力のある性能を示したが,対の組み合わせで同時に使用された際のみであった.本発明者らの結果は,眠気監視のために,耳内EEGが単一チャネルEEGまたは個々の周辺信号に代わる実行可能な代替物であることを示唆した. /home/git/personal/kyoshioka/LiteratureSearch/2018/mtg0228