ヒトの錯視線を知覚するための脳メカニズム

Brain mechanisms for perceiving illusory lines in humans
J. Anken, R.I. Tivadar, J.F. Knebel and M.M. Murray NeuroImage, vol. 181, pp. 182-189, 2018.

錯視輪郭(IC)は,コントラスト勾配がないにもかかわらず,視覚的境界の知覚である.ICプロセスの精神物理学的および神経生物学的メカニズムは,種間および多様な脳のイメージング/マッピング技術にわたって研究されている.それにもかかわらず,IC感度が低レベルの視覚野(V1/V2)内の(おそらく)フィードフォワードプロセスに起因するのか,それとも側頭後頭皮質(LOC)のような高次脳領域内で最初に処理されるのかについて議論が続いている.動物モデルにおける研究は,一般にV1/V2内のフィードフォワード機構を支持しており,典型的には刺激誘発ICラインを含んでいた.対照的に,ヒトでの研究は一般に,IC感度がLOCによって媒介されるメカニズムを支持し,そして典型的にはIC形態または形状を誘導する刺激を含む.したがって,使用される特定の刺激機能は,サポートされているIC感度のモデルに強く貢献する可能性がある.これに対処するために,本発明者らは,中心の5°以内に10個のインデューサーのアレイを人間の被験者に提示しながら視覚誘発電位(VEP)を記録し,そのうち2人は所与のテストでICラインを誘導するように向けられた.電気的神経画像フレームワークを用いてVEPを分析した.集中的に提示されたICラインの存在対非存在に対する感受性は,刺激開始後200msまでで最初に明らかとなり,そして条件間のトポグラフィックな差異として明らかであった.また,これらの違いをLOCにローカライズした.これらの効果のタイミングおよび局在化は,より高レベルの視覚皮質内で始まるIC感受性のモデルと一致している.より低い層の皮質(V1/V2)内の効果の以前の観察が代わりにより高い層の皮質(LOC)の中から生じるIC感度からのフィードバックの結果であることを提案する.