ヒトの脳画像に基づく parcellation

Imaging-based parcellations of the human brain
Simon B. Eickhoff, B T Thomas Yeo, Sarah Genon Nature Reviews Neuroscience, vol.19, No. 11, pp. 672-686, 2018

定義づけられた脳組織の形状は,空間的不均一性を持ち,異なるスケールで複数の地形を生じさせる.明確な 脳の区分定義である parcellation は,領域間で密接に相互作用するが,複数の不連続性を含む領域やネットワーク になり,脳組織または機能を理解するための基本となる.過去 10 年間で,構造的および機能的マーカーに加えて, 脳組織の局所的性質から遠大な結合パターンまで,さまざまな機能に基づいて脳を識別および分割するための in vivo MRI ベースの豊富なアプローチが爆発的に増加している.これらのさまざまなアプローチに多様性が大きい ことを考えると,これらのマップ間の収束と発散を評価することは困難である.個体間のばらつきはこの課題を 増大させるが,個体間と発展的 parcellation 研究を組み合わせることでまた新たな発見にむけたチャンスを提供で きるかもしれない.