マインドフルネス瞑想訓練と実行制御ネットワーク安静状態機能的接続:無作為化対照試験

Mindfulness Meditation Training and Executive Control Network Resting State Functional Connectivity: A Randomized Controlled Trial
Taren, Adrienne A and Gianaros, Peter J and Greco, Carol M and Lindsay, Emily K and Fairgrieve, April and Brown, Kirk Warren and Rosen, Rhonda K and Ferris, Jennifer L and Julson, Erica and Marsland, Anna L and others Psychosomatic medicine, vol.79, pp.674-683, 2017

“目的
マインドフルネス瞑想の訓練は,以前に実行制御(注意,作業記憶,認知制御など)の行動測定を強化することが示されているが,これらの改善の根底にある神経メカニズムはほとんど知られていない.ここでは,実行制御ネットワークのハブである背外側前頭前野(dlPFC)と実行機能を調整する前頭頭頂部領域間の機能的接続を強化することにより,マインドフルネス訓練の介入が実行制御を促進するかどうかを調査する.
方法
心理的苦痛のレベルが高い35人の成人が,集中的なマインドフルネス瞑想またはリラクゼーショントレーニングの3日間のRCTに参加した.参加者は,介入の前後に安静状態のfMRIスキャンを行った.マインドフルネス瞑想の訓練により,dlPFCと前頭頭頂制御ネットワーク領域間の安静状態における機能的結合性(rsFC)が増加するかどうかを調査した.
結果
リラクゼーション制御に関連するマインドフルネス訓練後,左dlPFCは右下前頭回(T = 3.74),右中前頭回(T = 3.98),右補足眼野(T = 4.29),右頭頂皮質(T = 4.44),及び左中側頭への接続性の増加を示した(T = 3.97;すべてのp<0.05).右dlPFCは,右中前頭回への接続性の増加を示した(T = 4.97,p<0.05). 結論 マインドフルネス訓練は,dlPFCと背側ネットワーク(上頭頂小葉,補足眼野,MFG),及び腹側ネットワーク(右IFG,中側頭/角回)領域間のrsFCを増加させることが分かった.これらの知見は,rsFCは高レベルの心理的苦痛を持つ個人ではマインドフルネスの介入によって強化される特定の神経回路を特定することにより,活動的な瞑想中における実行機能に関連する脳領域間の機能的接続性を示す以前の研究を拡張する.