瞑想の根底にある動的な複雑さを特徴付ける

Characterizing the Dynamical Complexity Underlying Meditation
Escrichs, Anira and Sanjuan, Ana and Atasoy, Selen and Lopez-Gonzalez, Ane and Garrido, Cesar and Camara, Estela and Deco, Gustavo
bioRxiv, vol. 1, pp. 521963, 2019

過去2500年にわたって,瞑想を用いて瞑想的な伝統が心の性質を探ってきた.最近では,瞑想に関するニューロイメージング研究により,瞑想者の脳の機能と構造の違いが明らかになった.それにもかかわらず,根底にある神経メカニズムはまだ不明である.瞑想がどのように脳を介してグローバルアクティビティを形成するかを理解するために,Intrinsic Ignition Frameworkを使用して,脳全体の機能ネットワーク全体の時空動態を調査した.最近のニューロイメージング研究では,意識のさまざまな状態が,その根底にある動的な複雑さ,つまりコミュニケーションの広さをどのように誘発し,時間と空間にわたって脳を介して分配するかが異なることが示されている.この作業では,安静時および瞑想中(呼吸に焦点を当てた)に機能的磁気共鳴画像(fMRI)を使用して,コントロールと瞑想実践者を測定した.私たちの結果は,瞑想の根底にある動的な複雑さは,瞑想者グループでは安静時よりも複雑さが少ないことを示しているが,対照グループではそうではない.さらに,安静状態中に,瞑想実践者の脳活動は,対照群で観察されたものよりも高い準安定性(すなわち,時間とともにより広い動的形態)を示したことを報告する.全体として,これらの結果は,瞑想状態が安静状態と比較して異なる動的形態で動作することを示している.