注意モード中の中前頭回への経頭蓋磁気刺激は脳ネットワークにおける動的モジュール再構成を誘発

Transcranial Magnetic Stimulation to the Middle Frontal Gyrus During Attention Modes Induced Dynamic Module Reconfiguration in Brain Networks
P.Song, H.Lin, Q.Xue, Y.Sun and Y.Wang Frontiers in neuroinformatics, vol.13, p.22, 2019.

“背側および腹側注意ネットワーク(VANs)間の相互作用は, 両方のネットワークに機能的に接続されている中前頭回(MFG)によって取り持たれている. ただし, 選択的かつ持続的な注意におけるMFG の直接的な役割については議論の余地がある. 現在の研究では, 経頭蓋磁気刺激(TMS)と脳波(EEG)を使用して, 異なる注意モード中のMFG 関連領域の動的な変化を調べた. 参加者は, 視覚的, 選択的, および持続的な注意タスクを受けて, TMS によって誘発されたネットワークの変化を観察した. 20 人の健康な参加者は, タスク中に左右のMFG で単独パルスTMS を受信し, 同時に同期脳波データを取得した. 行動の結果を記録し, 時変脳ネットワーク解析を実施した. MFG は注意処理に関与しており, 持続的な注意はMFG.R によって優先的に制御されていることが明らかになった. さらに, 右半球と比較して, 左半球は選択的注意課題に関連していた. ネットワークノードのMFG 関連の変化を誘発した視覚的および選択的注意タスクは, 左半球内にありました. ただし, 持続的注意によるネットワークノードの変化は, 両側MFG にありました. 私たちの調査結果は, MFG が注意ネットワークの調節に重要な役割を果たすことを示している. 特に, TMS によるMFG の変化は, 時変脳ネットワークの主要なノードに影響を与え, 脳ネットワークモジュールの再編成をもたらした.”