網膜色 素上皮の細胞画像を, 蛍光補償光学に基づいて, 自動的に細胞領域分処理する手法に関する検討

Automated segmentation of retinal pigment epithelium
cells in uorescence adaptive optics images

JOSA A, Vol. 30, Issue 12, pp. 2595-2604 (2013).

補償光学に基づいた画像処理法は, 網膜を構成するモザイク細胞, 例えば光受容体細胞や網膜色素上皮細胞など
の組織的な特徴付けを, in vivo での研究を可能にする. 眼科用の画像処理装置から, 補償光学を利用して得られた
高解像度の画像は, 手動での定量化が困難であり面倒な情報を, 豊富に手に入れることができる. 検査中のモザイ
ク細胞の定量的数値を, 再現可能な状態で提供できる, 堅牢かつ自動化された解析ツールのニーズは高まっている.
自動化されたアルゴリズムは, 個々の光受容体細胞の位置を検出できるように開発される. しかしながら, これら
のアルゴリズムのほとんどは, 網膜色素上皮のモザイク細胞を特徴付けるには適していない. そこで, 私たちは, 網
膜色素上皮細胞の細胞領域を分割させるアルゴリズムを改良した. この提案アルゴリズムの領域分割性能を, 手動
で領域分割を行った場合とで比較したところ, 90%のこの細胞領域の分割アルゴリズムは, 網膜色素上皮のモザイク細
胞に適しており, モザイク細胞の状態が正常かどうか素早く分析することができる.