多変量タスクベースの機能的脳イメージングにより明らかにされた類推の個人差

Individual differences in analogical reasoning revealed by multivariate task-based functional brain imaging
Hammer, Rubi and Paul, Erick J and Hillman, Charles H and Kramer, Arthur F and Cohen, Neal J and Barbey, Aron K NeuroImage, vol. 184, pp. 993-1004, 2019

類推(AR)は,より高いレベルの認識において中心的な役割を果たし,知的能力における個人差の主な原因となっているが,ARの個人差を説明する神経メカニズムは依然として十分に特徴付けられていない.ここでは,多変量fMRI解析(単純なマルチカーネル学習マシン)を使用して,大きなサンプル(n=229)内のARの個人差を調査した.個々のAR能力は前頭前野実行ネットワークと視覚空間ネットワークにおける賦活レベルと正の相関があった.特に,これらのネットワーク内のARの個人差の最良の予測因子は,背外側前頭前野(反応選択)および舌状回(視覚特徴マッピング)における活性化であった.対照的に,AR機能はデフォルトモードネットワークでの賦活と負の相関があった.報告された調査結果の意味は2つある.一つ目は,ARの個人差は,それぞれの寄与が個人の認知スキルに左右される複数の執行および視覚空間脳領域に依存する.2つ目は,ARの個人差に関連する脳領域は,関連するタスク要求に敏感な脳領域(すなわち,グループレベルでの類似関係の複雑さに敏感な脳領域)と部分的にしか重ならない.我々は,より高レベルの認知プロセスの基礎となる脳の構造の例として,ARを支持するそのような脳の組織化の意味を議論する.

多変量タスクベースの機能的脳イメージングにより明らかにされた類推の個人差

Individual differences in analogical reasoning revealed by multivariate task-based functional brain imaging
Hammer, Rubi and Paul, Erick J and Hillman, Charles H and Kramer, Arthur F and Cohen, Neal J and Barbey, Aron K NeuroImage, vol. 184, pp. 993-1004, 2019
類推(AR)は,より高いレベルの認識において中心的な役割を果たし,知的能力における個人差の主な原因となっているが,ARの個人差を説明する神経メカニズムは依然として十分に特徴付けられていない.ここでは,多変量fMRI解析(単純なマルチカーネル学習マシン)を使用して,大きなサンプル(n=229)内のARの個人差を調査した.個々のAR能力は前頭前野実行ネットワークと視覚空間ネットワークにおける賦活レベルと正の相関があった.特に,これらのネットワーク内のARの個人差の最良の予測因子は,背外側前頭前野(反応選択)および舌状回(視覚特徴マッピング)における活性化であった.対照的に,AR機能はデフォルトモードネットワークでの賦活と負の相関があった.報告された調査結果の意味は2つある.一つ目は,ARの個人差は,それぞれの寄与が個人の認知スキルに左右される複数の執行および視覚空間脳領域に依存する.2つ目は,ARの個人差に関連する脳領域は,関連するタスク要求に敏感な脳領域(すなわち,グループレベルでの類似関係の複雑さに敏感な脳領域)と部分的にしか重ならない.我々は,より高レベルの認知プロセスの基礎となる脳の構造の例として,ARを支持するそのような脳の組織化の意味を議論する.