運動イメージ中の連続脳波識別-非同期型BCI のシミュレーション

pdf

Continuous EEG classi cation during motor imagery
-simulation of an asynchronous BCI
IEEE TRANSACTIONS ON NEURAL SYSTEMS AND REHABILITATION ENGINEERING , VOL. 12,
NO. 2, pp. 258-265, 2004
全てのEEG を基としたBCI システムは合図で指示されたものや,もしくは同期型のモードで操作する.これは
メンタル活動(思考) の開始が一定であり,脳波が事前に決定された時間幅で解析されることを意味している.近
い将来,ユーザが特定のメンタルパターンを行ったいかなる時に実行されるBCI システムもまた重要になる.非
同期型BCI は脳波データの連続的解析や識別によって特徴づけられる.そのため,メンタルタスク中の真陽性率
を最大にし,レストや何も行っていない間の偽陽性を最小にすることが必要である.左右の運動イメージを計測
した脳波データが非同期型BCI をシミュレートするために使用された.識別結果を最適化するために,不応期や
滞留時間を紹介した.