マインドフルネス瞑想の脳波変動対αニューロフィードバック:偽制御研究脳神経の瞑想とアルファの神経 フィードバック:偽制御研究

EEG Dynamics of Mindfulness Meditation Versus Alpha Neurofeedback: a Sham-Controlled Study
Chow, Theodore and Javan, Tanaz and Ros, Tomas and Frewen, Paul
Mindfulness, Vol.8 No.3, pp572-584, 2017

“マインドフルネス瞑想(MM)と脳波アルファニューロフィードバック(NFB)は両方とも,注意パフォーマンスを向上させ,8-12Hz におけるα波の全振幅を増加させることが示されているが,α波または注意制御の調節に対する効果におけるMMとNFB を比較した研究はない.61 名の大学生をランダム化して15 分間の単一セッションMM(n = 24),NFB(n = 17),または偽-NFB(SHAM; n = 20)介入を行い,Stroop 試験の実行中はもちろん,5 回介入するの3 分間のエポック介入も15 分間の単一セッションのどちらも完了するまでα波のフルバンドおよびサブバンドの振幅において比較された.MM およびNFB 参加者は,最終介入期の間にSHAM 参加者と比較してより高い全体的なフルバンドアルファ振幅を示したが,サブバンド振幅についてはグループの差異は観察されなかった.運動能力に群間差がない場合,MM参加者は,Stroop 課題における刺激後200 400ms の前頭皮質内の上部アルファバンドのERD がより低く,介入中に示された上部アルファ振幅と相関する効果を示した.今後の研究の方向性が議論される.”

適応性のあるワーキングメモリ訓練とマインドフルネス瞑想訓練が,高い悩みの中での処理効率と不安に及ぼ す影響

The effects of adaptive working memory training and mindfulness meditation training on processing efficiency and worry in high worriers
Behaviour Research and Therapy 89, 1-13(2017)
2017_0612taimoto

心配することは全ての不安障害の原則的な特徴であり,ワーキングメモリ(WM)の主な機能である不十分な注意制御と結びつく.適応性のあるWM 訓練とマインドフルネス瞑想訓練(MMP)の両方は,注意力のコントロールを高める可能性を示す.したがって,本研究は,高い不安障害を持った無作為標本に対して,MMP と二重適応N-back 課題の個々の効果と併用効果を調査する.60 名の参加者が7 日間の訓練の前後に試験された.評価には,自己報告質問票と,注意喚起と作業記憶能力を測定する実行作業が含まれていた.総合的な訓練の結果,訓練後の週に心配が継続的に減少し,確立された臨床的治療の補助としてN-back 訓練を利用する可能性が強調された.WM 訓練との関わりは,時間の経過と共に心配することなく,注意力のコントロールと弾力性の即時改善とに相関があった.これらの知見と将来の研究のための示唆が議論される.