早期胃がんに対する青色レーザーイメージングを用いた拡大内視鏡の診断能力:前向き検討

Diagnostic ability of magnifying endoscopy with blue laser imaging for early gastric cancer: a prospective study
Dohi, O and Yagi, N and Majima, A and Hrii, Y and Kitaichi, T and Onozawa, Y and Suzuki, K and Tomie, A and Tsuchiya, R an others
Gastric Cancer Vol.20 pp.297-303 2017
20171114_nishida

“背景 :
青色レーザーイメージング(BLI)は,狭帯域光観察のために開発されたレーザー光源を利用した画像強調内視鏡技術である.本研究の目的は,早期胃癌の診断におけるBLIの有用性を評価することであった.
手法:
この単一施設の前向き研究は530人の患者を分析した.患者は,2012年11月から2015年3月まで,京都府立医科大学の白色(C-WLI)とBLI(M-BLI)による拡大内視鏡検査の両方で検査された.M-BLIには,不規則な微小血管パターンおよび/または不規則な微細表面パターンが含まれ,VSclassificationによるDemarcation Lineが含まれる.病変の生検は,C-WLIおよびM-BLI観察後に行った.この研究の主な目的は,C-WLIとM-BLIの診断性能を比較することである.
結果 :
我々は127の検出された病変(32の癌および95の非癌)を分析した.
M-BLI診断の精度,感度および特異度は,それぞれ92.1,93.8および91.6\%であった.
一方,C-WLI診断の精度,感度,特異度はそれぞれ71.7%,46.9%,80.0\%であった.
結論:
M-BLIは,C-WLIと比較して,早期胃癌の診断能を改善した.これらの結果は,M-BLIの診断有効性は,狭帯域イメージング(M-NBI)を用いた拡大内視鏡検査のそれと同様であることを示唆した.