LCIとBLIを用いた早期胃癌の可視性の評価

Evaluation of the visibility of early gastric cancer using linked color imaging and blue laser imaging
Yoshikazu Yoshifuku, Yoji SanomuraEmail, Shiro Oka, Mio Kurihara, Takeshi Mizumoto, Tomohiro Miwata, Yuji Urabe, Toru Hiyama, Shinji Tanaka and Kazuaki Chayama
BMC gastroenterology, Volume 17, No. 1, pp.1–7, 2017
20180110 yokada

背景:BLIとLCIはLASEREO内視鏡システムの色強調機能であり,それぞれ狭帯域光観察機能と色情報の拡大縮小を実現する. 手法:我々は,2014年4月から2015年8月までの間に早期胃癌(EGC)と診断された82人の患者を検査した.5人の専門家および5人の非専門家の内視鏡医により,非拡大BLI-brightモード(BLI-BRT)およびLCIで得られた画像と,従来の白色光イメージング(WLI)で得られた画像を比較した.また,2者間の確認も同様に評価された. 結果:専門家による画像の評価では,LCIおよびBLI-BRTのそれぞれにおいて,73%(60/82)および20%(16/82)の症例で視認性の改善が観察された.非専門家による画像の評価では,LCIおよびBLI-BRTのそれぞれにおいて,76.8%(63/82)および24.3%(20/82)の症例で視認性の改善が観察された.専門家と非専門家の間では,画像の評価に有意差はなかった.視認性の改善は,専門家および非専門家においてBLI-BRTよりLCIで有意に高かった(p<0.01).WLI上の腫瘍の色に関して,LCIを使用した場合,赤みを帯びた白っぽい腫瘍の視認性の改善は等色性の腫瘍よりも有意に高かった.LCIによる視認性の改善は,それぞれヘリコバクターピロリ(Hp)除菌の有無において,それぞれ71%(12/17)および74%(48/65)の患者で観察された.両者間の確認は,0.62以上で満足できるものであった. 結論:結論として,内視鏡医の経験やHp除菌のレベル,赤みを帯びた白っぽい色のEGCのレベルにかかわらず,LCIがEGCの視認性を改善することを示した.視認性の改善は,BLIよりLCIが有意に高かった.

新しい画像強調内視鏡技術であるLCIによる早期胃癌の色の強調

Linked color imaging (LCI), a novel image-enhanced endoscopy technology, emphasizes the color of early gastric cancer
Hiromitsu Kanzaki, Ryuta Takenaka, Yoshiro Kawahara, Daisuke Kawai, Yuka Obayashi, Yuki Baba, Hiroyuki Sakae, Tatsuhiro Gotoda, Yoshiyasu Kono, Ko Miura, Masaya Iwamuro, Seiji Kawano, Takehiro Tanaka, Hiroyuki Okada
Endoscopy International Open, Volume 5, Number 10, pp.E1005–E1013, 2017
20171114 yokda

“背景と研究目的:LCIとBLIは,強力で独特な色強調を備えた画期的な内視鏡技術である.我々は,早期胃癌病変と周囲の粘膜との間の色差を測定し,WLIと比較することで,LCIおよびBLI-brightの有効性を調べた.
患者および手法:内視鏡下粘膜切開予定の早期胃癌の画像をLCI,BLI-brightおよびWLIで同じ条件で撮影した.病変および周囲の粘膜の色値を,各関心領域における色値の平均として定義した.病変と周囲粘膜の色差(ΔE)を各モードで調べた.色値は,CIE-L*a*b*色空間(CIE:Commission Internationale d’Eclairage)を用いて評価した.
結果:42人の患者から43病変の画像を収集した.LCI,BLI-brightおよびWLIによる平均ΔE値は,それぞれ11.02,5.04,5.99であった.ΔEは,LCIでWLIより有意に高かった(P<0.001).WLIのΔEが小さい場合に限って,ΔEはWLIよりもLCIで約3倍高くなった(7.18対2.25).LCIのΔEは,周囲の粘膜が重度の腸上皮化生(P=0.04)を有する場合に大きくなった.病変と周囲の粘膜の平均色値は異なるものとなった.この値は,LCIを用いた場合でも,それらを区別するために病変と周囲の粘膜との間に十分なカットオフポイントを有していなかった. 結論:LCIはWLIよりΔEが大きくなった.経験の浅い内視鏡専門医であっても,胃癌を容易に認識し,早期に検出可能であることが示唆された."

大腸内視鏡検査における結腸直腸ポリープ検出のためのLCI とWLI の比較

Comparison of linked color imaging and white-light colonoscopy for detection of colorectal polyps: a multicenter, randomized, crossover trial
Gastrointestinal Endoscopy, pp.1{7, 2017
20170914 yokada

背景と目的:近年開発された技術であるLinked Color Imaging(LCI)は,レーザー内視鏡システムを使用して,赤と白の色をより鮮明に表現するために赤の色分解を強調する.結腸直腸ポリープの検出におけるLCI の利
点は未知である.この研究の目的は,WLI 内視鏡と比較して結腸直腸ポリープの検出を改善するLCI の能力を評価することである.
手法:我々は,中国の3 つの病院で,多施設・クロスオーバー・前向き・ランダム化比較試験を行った.すべての患者は,LCI およびWLI 内視鏡を用いて無作為の順序で大腸内視鏡検査を受けた.全ての病変は,2 回目の内視鏡処置中に除去された.1 つ目の結果の指標は,結腸直腸ポリープの検出時のLCI とWLI 内視鏡検査の感度の差とした.2 つ目の結果の指標は,2 群における患者1 人当たりの腺腫検出率およびポリープを見逃した率に関連する因子とした.
結果:全部で152 人の患者が無作為化され,141 人が分析に含まれた.全般的なポリープの検出率は,LCI の大腸内視鏡検査では24 %増加し,感度はWLI よりLCI が高くなった.さらにLCI では,ポリープを有する患者が有意に多く(32%)同定された.患者1 人当たりの腺腫の検出率は,WLI よりLCI が有意に高くなった.
結論:LCI は,大腸内視鏡検査中に結腸直腸ポリープおよび腺腫の検出を改善することがわかった.

LCI による結腸直腸非外傷性病変の内視鏡的視認性の改善

Linked-color imaging improves endoscopic visibility of colorectal nongranular at lesions Gastrointestinal Endoscopy, pp.1-6, 2017
20170802 yokada

背景と目的:画像強調内視鏡(image-enhanced endoscopy:IEE)技術として新たに開発されたLinked color
imaging(LCI)は,色調を強調し非常に明るい画像を作成する.本稿では,検出が困難な結腸直腸腫瘍病変の検
出率向上を目的として,LCI の有用性を視認性の観点から検討した.
手法:この研究では,連続した非扁平上皮性腫瘍53 症例を用いた.内視鏡画像はWLI,BLI-bright およびLCI
モードによって取得した.そして病変ごとにWLI,BLI-bright およびLCI モードでそれぞれ1 枚の画像を選択し
た.6 人の内視鏡医が画像による診断を行った.以前に報告された可視性尺度を使用することにより,可視性レベ
ルを1 から4 の尺度で評価した.
結果:平均( 標準偏差)可視性スコアは,WLI は2:741:08,BLI-bright は2:940:97,LCI は3:360:72
であった.スコアは,WLI と比較してBLI-bright が有意に高く,LCI はBLI-bright より有意に高かった.専門医
と研修生を比較すると,専門家のスコアはそれぞれ2:831:06,3:170:88 および3:400:74 であり,すべての
内視鏡専門家の得点は類似した.対して研修生のスコアは,WLI(2:65  1:10)とBLI-bright(2:71  1:00)の
間に差はなかったが,LCI(3:31  0:69)はWLI やBLI-bright より有意に高かった.静脈鋸歯状腺腫/ポリープ
病変のみを分析した場合,LCI は他の2 つよりも有意に高かった.
結論:LCI が結腸直腸扁平病変の視認性を高め,これらの病変の検出率の向上に寄与していることを示唆した.

レーザーイメージングによるバレット食道患者の同時期腺癌の早期発見

Laser imaging facilitates early detection of synchronous
adenocarcinomas in patients with Barrett ’s esophagus
Clinical endoscopy, Volume 50, Number 1, pp.81-86, 2017
20170705 yokada

バレット腺癌は複数の部位で発生し,再発および異所性病変は内視鏡的切除の主要な問題である.したがって,このような病変の早期発見は,最小侵襲治療で完全な切除を行い,生存率を改善するために理想的な手段である.レーザーイメージングシステムは,白色光レーザー,Flexible spectral image color enhancement(FICE),Bluelaser imaging(BLI),および遠景におけるLinked color imaging を使用することにより,内視鏡撮像の複数のモダリティを可能にする.しかし,バレット腺癌に対するこれらのモダリティの有用性は十分に報告されていない.本稿では,long-segment バレット腺癌において3 つの同時性病変と1 つの異所性病変を有する患者を,この新しいレーザ内視鏡画像システムと,周囲の粘膜に比べてコントラストを高くするFICE およびBLI で診断する.レーザー内視鏡画像法は,早期バレット腺癌患者の悪性腫瘍の検出を容易にすることができる.