ヒトにおける感情知覚の一般的な神経相関

Common neural correlates of emotion perception in humans
Jastorff, Jan and Huang, Yun-An and Giese, Martin A and Vandenbulcke, Mathieu
Human brain mapping, Vol.36, pp.4184-4201, 2015
20180130 sikeda

神経イメージングの結果が感情カテゴリの識別可能な神経相関を支持するかどうかは長年にわたる論争である. 最近の 2 つのメタアナリシスでは,この命題に対して一方は支持,他方は反対といった正反対の結論に達した.こ の問題に関する直接的な証拠を得るため,単一の fMRI デザイン内で 4 つの感情の活性の比較を行った.怒り狂っ た,幸せな,恐ろしい,悲しいそして中立的な刺激が動的な身体表現として提示された.加えて相対的な感受性を 決定するために,被験者は行動実験によって中立的な感情と情動性感情との間の感情形態の分類を行った.脳行 動相関は,試験された 4 つの感情すべてにおいて同一であった大きな脳内ネットワークを明らかにした.この脳 内ネットワークは主に,デフォルトモードネットワークおよびセイリエンスネットワーク内に位置する領域から なっていた.4 つの感情について脳行動相関を示すにも関わらず,マルチボクセルパターン分析はこの感情ネット ワークのいくつかのノードが,個々の感情を区別することが可能である情報を含んでいることを示した.しかし有 意差は感情ネットワークに限定されず,行動観察ネットワーク内のいくつかの領域でも確認された.まとめると本 研究結果は,共通の感情的な脳内ネットワークは視覚処理と感情的な刺激の差別を支持している立場に賛成する.