うつ病患者における心身に対する瞑想効果の研究:fMRIを用いたresting-state研究

The effect of body–mind relaxation meditation induction on major depressive disorder :A resting-state fMRI study
Chen, Fangfang and Lv, Xueyu and Fang, Jiliang and Yu, Shan and Sui, Jing and Fan, Lingzhong and Li, Tao and Hong, Yang and Wang, XiaoLing and Wang, Weidong and others
Journal of affective disorders, vol.183, pp. 75–82, 2015

“背景:瞑想は,鬱病の治療のための重要な相補型治療的な道具として,次第に評価されてきた.本研究は,うつ病患者の脳活動に関して体-知性弛緩瞑想導入(BMRMI)の効果を調べて,この複雑な介入のために動きの可能性がある機序を調査するために,安静時中の機能的な磁気共鳴映像法(rs-fMRI)を使用した.

方法:21例の大うつ病性障害患者(MDD)と24の年齢と性がマッチした健常対照者(HCs)は,試験開始時に,そして,体-知性弛緩瞑想を誘導するように設計されたオーディオの選択を聞いた後にrs-fMRIスキャンを受けた. rs-fMRIデータは.全脳へのBOLD信号の低周波変動(ALFF)の振幅を得るためにMatlabツールボックスを用いて分析された.
混合性設計重複測定分散分析法(分散分析)は,どの脳領域がBMRMIに影響を受けたかについて調査するために,全脳で実行された.機能的な連結性分析は,BMRMIの後どんな非定型接続パターンでも同定するために用いられた.

結果:BMRMI経験の後,MDDとHCsは,両側前頭極(BA10)で,減少したALFF数値を示した.
その上,右の背面の内側前頭前皮質(dmPFC)から左の背面の外側前前頭皮質(dlPFC)と左側眼窩前頭皮質(OFC)への上昇した機能的な連結性は,BMRMIの後MDDだけで同定された.

限定:他のイベントの参加者への影響を除外する脳活動(DepressionのためのハミルトンRatingスケール)(HDRS)は,体-知性緩和誘導の後測定されなかった.

結論:我々の研究結果は,体-知性弛緩瞑想導入には前前頭皮質の活動を調整する可能性があって,このように、患者が複数の感情処理システムで脳活動を調整することができる再評価戦略を造るのを援助する可能性があるという仮説を支持する.”