マインドフルネス,内受容,及び身体:現代的な視点

Mindfulness, Interoception, and the Body: A Contemporary Perspective
Jonathan Gibson Frontiers in Psychology, vol.10, pp.1-18, 2019

“マインドフルネスは,多くの訓練,プロセス,及び特性を特徴付ける包括的な用語としてよく使用される.批評家は,この広範な定義が誤った情報,誤解,および方法論的に厳密な研究の一般的な欠如をもたらしたと主張する.マインドフルネスを取り巻く混乱の一部は,マインドフルネスと瞑想という用語の区別されない使用に起因すると考えられている.マインドフルネス,及び他のすべての瞑想は,内受容の主要なハブである島を調節することが示されている.内受容はマインドフルネスの基礎であり,実践から利益を得るための主要なメカニズムであると主張する人もいる.しかし,マインドフルネスの文献と同様に,内受容は精度がなく,領域が限定された意味と含意を伴って広く定義されることがよくある.研究は,島と周囲の神経回路が,注意,認識,及びすべての主観的経験を含む内受容以外の多くの機能に関与していると考えられていることを示している.マインドフルネスがこれらの神経可塑性と機能的効果を生み出すと考えられてきた.マインドフルネスとその利点のいくつかは,島の神経可塑性の変化の結果である内受容の増加としてよりよく説明でき,島と周囲の神経回路の発達がマインドフルネス傾向を育てる可能性があるという証拠がある.本稿の目的は,(1)マインドフルネスの文献で特定された利点の多くを内受容とその神経学的相関に関連付ける方がより正確であることを強調し,(2)マインドフルネス,内受容,及び瞑想を取り巻く混乱の一部を明らかにする手段として,注意状態を提案することである.異なる瞑想には異なる注意状態が必要である.注意は,各焦点が独自の視点を提供する焦点に類似している場合がある.すべての瞑想技術が島を調節することを考えると,各瞑想は他の瞑想の伝統では利用できない複雑な内受容信号を調査するために固有の視点を提供できる.抽象的で広く定義された瞑想手法のセットよりも,それらを調査する手段として身体に科学的発見を固定する方がより有用であるかもしれない.