早期胃癌に対する拡大内視鏡単純診断アルゴリズム(MESDA-G)

Magnifying endoscopy simple diagnostic algorithm for early gastric cancer (MESDA-G)
Manabu Muto, Kenshi Yao, Mitsuru Kaise, Mototsugu Kato, Noriya Uedo, Kazuyoshi Yagi and Hisao Tajiri Digestive Endoscopy 2016, 28, pp. 379-393, 2016

胃がんは,世界中でがんによる死亡の 3 番目に多い原因である.早期胃がん患者の原因別生存率は 95 %を超え ると報告されているが,死亡率を低下させるためには,粘膜癌の早期発見と正確な診断が望ましい.内視鏡検査 は早期がんを発見するための機能的な方法である.ただし,従来の白色光観察を使用する場合,この手順は決定 的なものではない.対照的に,新規の内視鏡技術である拡大狭帯域光観察(M-NBI)は,微小血管構造と微小表 面構造を視覚化できるため,胃粘膜病変を特徴付けるための強力なツールである.これまでにも,日本で行われ た多施設前向き無作為試験を含む,M-NBI による早期胃がんの診断に関する多くの報告が査読付き国際ジャーナ ルで発表されている.これらの公表されたデータに基づいて,我々は診断のプロセスを単純化しそして正確さを 改善するために M-NBI を使用して胃粘膜癌のための診断体系を考案した.そこで本稿では,拡大内視鏡検査を用 いた早期胃がんの診断アルゴリズムについて述べる.

早期胃癌に対する拡大内視鏡単純診断アルゴリズム(MESDA-G)

Magnifying endoscopy simple diagnostic algorithm for early gastric cancer (MESDA-G)
Manabu Muto, Kenshi Yao, Mitsuru Kaise, Mototsugu Kato, Noriya Uedo, Kazuyoshi Yagi and Hisao Tajiri Digestive Endoscopy 2016, 28, pp. 379-393, 2016

“胃がんは,世界中でがんによる死亡の 3 番目に多い原因である.早期胃がん患者の原因別生存率は 95 %を超え ると報告されているが,死亡率を低下させるためには,粘膜癌の早期発見と正確な診断が望ましい.内視鏡検査 は早期がんを発見するための機能的な方法である.ただし,従来の白色光観察を使用する場合,この手順は決定 的なものではない.対照的に,新規の内視鏡技術である拡大狭帯域光観察(M-NBI)は,微小血管構造と微小表 面構造を視覚化できるため,胃粘膜病変を特徴付けるための強力なツールである.これまでにも,日本で行われ た多施設前向き無作為試験を含む,M-NBI による早期胃がんの診断に関する多くの報告が査読付き国際ジャーナ ルで発表されている.これらの公表されたデータに基づいて,我々は診断のプロセスを単純化しそして正確さを 改善するために M-NBI を使用して胃粘膜癌のための診断体系を考案した.そこで本稿では,拡大内視鏡検査を用 いた早期胃がんの診断アルゴリズムについて述べる.