シングルチャンネルEEGデバイスを用いたドライバー疲労のモニタリング:凝視ベース,運転実績,主観的データによる検証研究

Monitoring driver fatigue using a single-channel electroencephalographic device: A validation study by gaze-based, driving performance, and subjective data
José M. Morales,Carolina Díaz-Piedra,Héctor Rieiro,Joaquín Roca-González,Samuel Romero,Andrés Catena, Luis J. Fuentes,Leandro L. Di Stasi
Accident Analysis & Prevention Volume.109, pp.62–69, 2017
180411_snakamura

ドライバーの疲労はアルコールと同等にパフォーマンスを低下させる可能性がある.毎年何千もの事故や死亡事故を引き起こしている交通安全における最も重要な懸案事項である.技術開発により,ウェアラブルなシングルチャンネルEEGデバイスは,疲労モニターとして注目を集めている.ドライバーが自分の疲労レベルを評価し,パフォーマンスの低下を防ぐのに役立つ.しかし,ドライバーの疲労の生理学的影響の調査にはシングルチャンネルEEGデバイスを用いた研究はほとんどなく,結果的に矛盾する結果となった.ここでは,精神状態の変化(覚醒から疲労まで)をモニターするために,シングルチャンネルEEGデバイスの妥当性を評価した. 15人のドライバが2時間のシミュレーターにおけるドライビング・タスクを行い,同時に前頭脳活動とサッカード速度を記録した.サッカード速度は疲労の基準指標として用いた.また、主観的な倦怠感や疲労感、運転実績も収集した.デルタ波のパワースペクトルは逆U字型の二次傾向を示し,ベータ波のパワースペクトルは運転セッションが進行するにつれて直線的に増加することがわかった.サッカードの速度は直線的に減少し,疲労度の上昇を示唆した.本発明者らの結果は,EEGデバイスが精神状態における変化を検出し,日常的な複雑で動的なタスクでの計測が可能であることを示唆した.

Brain activity, Driving simulation, Eye movements, Fatigue detector, Low-cost technology, Wearable technology