路上走行研究における聴覚散漫中のEEGアルファスピンドルと長時間のブレーキ反応時間

EEG alpha spindles and prolonged brake reaction times during auditory distraction in an on-road driving study
Andreas Sonnleitner, Matthias Sebastian Treder, Michael Simon, Sven Willmann, Arne Ewald, Axel Buchner, Michael Schrauf Kevin Nathan, Jose L. Contreas-Vidal
Accident Analysis Prevention, Volume 62, January 2014, Pages 110-118

“運転者の注意散漫は,相当数の交通事故の原因となっている.本稿では,一次運転タスク中の聴覚的二次タスクが運転者の精神状態に及ぼす影響について述べる.N=20人の参加者が,非公開テストコースにおいて車内で繰り返し強制ブレーキをかけるタスクを行った.パフォーマンス尺度(ブレーキライトで誘発される反応時間)および脳活動(EEGアルファスピンドル)を分析して,ドライバーの注意状態を特徴づけた.さらに,アルファスピンドルがドライバーの精神状態を予測できるかどうかを調査するために分類アプローチが使用された.
結果は,反応時間およびアルファスピンドル速度がタスク時間とともに増加することを示した.さらに,運転のみとは対照的に聴覚二次タスクで運転している間のブレーキ反応時間とアルファスピンドル速度は著しく高かった.単一試行分類では,スピンドルパラメータの組み合わせは,注意喚起運転から注意をそらされたものを区別することにおいて約8%の中央分類誤差をもたらした.認知負荷が増大している間の運転性能の低下(すなわち,ブレーキ反応時間の延長)は,EEGアルファスピンドルによって示されると想定され,運転者の精神状態を口頭で評価することなく公道での実験における運転者注意散漫の定量化を可能にする.”