反応性と機能的結合性に関連するSant Mat瞑想の異常な不安

Atypical Anxiety-Related Amygdala Reactivity and Functional Connectivity in Sant Mat Meditation 扁桃体の
C. Chen, Y.-C. Chen, K.-L. Chen and Y. Cheng
Frontiers in behavioral neuroscience, vol. 12, p. 298, 2018.

瞑想は認知神経科学で多くの注目を集めているが,その感情的な処理の根底にある神経メカニズムは解明されていない.菜食主義の食事とアルコール制限された生活を送るSant Mat瞑想者と瞑想初心者が募集され,慈悲の瞑想を行った.我々は,恐ろしい顔と幸せそうな顔の明示的および暗示的な認識に応答するState-Trait Anxiety Inventory (STAI)の評価と,扁桃体反応性の計測を行った.初心者とは対照的に,瞑想者は低いSTAIスコアを報告した.瞑想者は恐怖よりも明示的な幸福に対して強い扁桃体反応性を示したのに対し,初心者は反対のパターンを示した.暗黙の恐れや幸福に関わらず,瞑想者の扁桃体反応性は低下した.生涯にわたって瞑想訓練をした人は,STAIが低いと報告し,恐怖に対する扁桃体の反応が弱いことを示した.さらに,初心者と比較して,瞑想者の扁桃体は明示的な幸福に対して腹側外側前頭前野との強い正の機能的結合性を示し,明示的な恐怖に対しては島および内側眼窩前頭皮質との強い負の結合性を示した.媒介分析では,瞑想経験と不安特性との間の媒介として扁桃体反応性を示した.結果は,Sant Mat瞑想の有益な効果を支える神経相関を示す.長期的な瞑想は,明示的および暗示的な感情処理に対する扁桃体の反応性と機能的に関連している可能性がある.

鬱病患者における感情処理中のデフォルトモードネットワークの負のBOLD応答変化

Altered Negative BOLD Responses in the Default-Mode Network during Emotion Processing in Depressed Subjects
鬱病患者における感情処理中のデフォルトモードネットワークの負のBOLD応答変化
Simone Grimm, Peter Boesiger, Johannes Beck, Daniel Schuepbach, Felix Bermpohl, Martin Walter, Jutta Ernst, Daniel Hell, Heinz Boeker and Georg Northoff
Neuropsychopharmacology, vol.34(4), pp.843-932, 2009
171221_ykohri

fMRIを用いた研究で,前帯状皮質,腹側前頭前野,後部帯状皮質などのデフォルトモードネットワークの領域において負のBOLD応答(NBR)が示されている.また,うつ病を有する患者は感情認知障害を示しており,これはデフォルトモードネットワーク内の変化に関連している.しかし,このデフォルトモードネットワークの変化がNBRの異常に関係しているかどうかは不明である.よって,我々はうつ病患者に対する感情的なタスク間のデフォルトモードネットワークの活動を調査した.うつ病患者は,デフォルトモードネットワークのいくつかの領域でNBRを有意に減少させた.このうつ病患者におけるNBRの減少は,うつ病の重症度などと相関していた.よって我々の研究は,うつ病患者においてデフォルトモードネットワークのNBRが減少していることから,うつ病患者の異常な負の感情調節にデフォルトモードネットワークのNBRが関係していることを示す.