社会的認知領域における瞑想とマインドフルネス傾向の役割の調査:対照研究

Exploring the Role of Meditation and Dispositional Mindfulness on Social Cognition Domains: A Controlled Study
Campos, Daniel and Modrego-Alarcon, Marta and Lopez-del-Hoyo, Yolanda and Gonzalez Panzano, Manuel and Van Gordon, William and Shonin, Edo and Navarro-Gil, Mayte and Garcia-Campayo, Javier Frontiers in Psychology, vol.10, pp.1-13, 2019

マインドフルネスは,他者との感情的なつながり,社会的行動,共感など,社会的領域の変化を引き起こす可能性があることが研究によって示唆されている.しかし,社会心理学におけるマインドフルネスへの関心が高まっているにも関わらず,社会的認知に対するマインドフルネスの影響についてはほとんど知られていない.したがって本研究の目的は,瞑想者と非瞑想者をいくつかの社会的認知基準について比較することによって,マインドフルネスと社会的認知の関係を探究することである.合計60人の参加者(瞑想者,n = 30,非瞑想者,n = 30)は性別,年齢,および民族グループで照合され,以下の評価基準を完了するように依頼された:Mindful Awareness Attention Scale (MAAS), Five Facet Mindfulness Questionnaire Short Form (FFMQ-SF), Interpersonal Reactivity Index (IRI), Revised Eyes Test, Hinting Task, Ambiguous Intentions and Hostility Questionnaire (AIHQ), Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS),及び Screening for Cognitive Impairment in Psychiatry (SCIP).結果は,瞑想者がより高い共感(個人的苦痛を除く),感情的な認識,精神理論(ToM),及びより低い敵意帰属スタイル/バイアスを報告したことを示した.この発見はまた,マインドフルネス傾向 (MAASで評価された総合スコアとFFMQを使用したマインドフルネスの両方)が社会的認知と関連していることを示したが,それはすべての社会的認知結果と等しく相関しているわけではなく,瞑想者と非瞑想者に対して別々に分析が行われた場合には相関パターンは異なる.さらに結果は各社会的認知変数についての潜在的な予測因子を示し,社会的認知パフォーマンスを説明するためにマインドフルネスの重要な要素として内的経験に対する非反応性を強調した.要約すると調査結果は,非瞑想者と比較して瞑想者は特定の資質(すなわち,共感,感情的な認識,ToM,敵意帰属スタイル/バイアス)においてより優れており,さらにマインドフルネスは社会的認知に関連しているという概念を支持し,それは臨床的,及び非臨床的状況で使用するためのマインドフルネスに基づくアプローチの設計に影響を与える可能性がある.