負の感情は心の理論の間に外側前頭前野皮質活性化に影響を与える:fNIRS研究

Negative emotions impact lateral prefrontal cortex activation during theory of mind: An fNIRS study
Himichi, Toshiyuki and Fujita, Hiroyo and Nomura, Michio
Social neuroscience, vol.10, pp.605‾615, 2015
外側前頭前野(lPFC)は,自己透視情報を抑制するのに重要な役割を果たす.これは,心の理論(ToM)処理に必要である.加えて,以前の研究は,否定的な感情が実行タスク中のIPFC活性化を妨害することを示した.この研究では,負の感情がToM課題の間にlPFC活性化を阻害するであろうという仮説を立てた.女性の参加者は感情的な映画(ニュートラル/ネガティブ/ポジティブ)の観察に従ってタスクを実行しましたが,彼らの前頭前血行動態活性は近赤外分光法を使用して測定された.ニュートラル映画を見た後,両側のlPFC活性は,対照条件と比較してToMプロセスの間に有意に増強された.対照的に,ネガティブ映画を見た後では,ToMプロセスの間の残余のIPFC活性は著しく損なわれた.これらの結果は,ネガティブ感情がlPFCの不活性化を介して自己視点情報の抑制を妨げるという考えを支持すると解釈された.

実行機能の行動および神経相関:抑制と更新過程の相互作用

Behavioral and Neural Correlates of Executive Function:
Interplay between Inhibition and Updating Processes
Frontiers in neuroscience, vol.11, pp., 2017
20170925_mnishizawa
本研究では行動,神経生理学,効果的な接続指標の分析を通して,2 つの実行機能の過程(抑制および情報の更 新) 間の相互作用を検討した.多くの研究は,実行機能過程の行動効果に個別に焦点を当てているが,これらの 2 つの機能の間の動的因果関係を調査した研究はほとんどない.地元の大学の合計20 人の参加者が, anker と n-back の実験パラダイムを組み合わせてでデュアルタスクを実行し,ワーキングメモリ容量を測定するために設 計されたオペレーションスパンタスクを完了した.抑制タスク( anker) に対する行動(精度および反応時間) およ び神経生理学的(P300 振幅およびαバンドパワー) メトリクスの両方はは更新負荷(n-back レベル) の影響を受け, 作業記憶容量によって調整された.本研究では,EEG 時系列データの独立成分分析,音源定位(DIPFIT),およ びGranger 因果関係分析を用いて,2 重実行タスクにおける認知要求の操作が因果ニューラルネットワークに影 響を与えたことを示した.私たちは、3 つの更新負荷(n-back level) の接続性を比較し,ワーキングメモリ負荷の 実験操作が大規模な神経認知ネットワークの因果関係を強化することを見出した.この前頭前 野と頭頂葉が含まれているネットワークは,これは実行機能過程の抑制および情報更新に関連している.この研究はストレス 下で複雑なマルチタスクを実行する人の為の訓練材料およびインタフェースの設計など,人間のパフォーマンス モデリングおよび神経的作業負荷の評価に潜在的な応用がある

若年者における前頭前野と実行機能:NIRS 研究

Prefrontal cortex and executive function in young children: a review of NIRS studies
Frontiers in human neuroscience, Volume 7, December 2013, Article 867

実行機能(EF)は特定のゴールの達成のための高位認知制御プロセスを指します。抑制、認識に変わること、および作業領域のようなEFのいくつかのサブコンポーネントがあります。大人における広範囲な神経画像検査研究は、側面の前前頭皮質がEFに重要な役割を果たすことを明らかにしました。発生的研究はEFが就学前の年に著しく変わることを行動証拠が示すことを報告しました。しかしながら、幼い子どものEFの神経機構はまだ不明瞭です。本稿は、EFの開発と側面の前前頭皮質の関係を検討した最近の近赤外分光法(NIRS)研究を再検討します。具体的には、この調査は、抑制制御、認識に変わること、および幼い子どもの作業領域に注目します。研究は典型的に高度に発展した子どもの中でタスクの間に一貫して前頭部の活性化を示しました。しかし、この活性化は発達障害の子どもにおいて見られませんでした。最後に、方法論の問題および将来の方向性は検討中であります。

pdf