EEG NeuroFeedback によって誘発される睡眠前の移行に必要かつ十分な神経動態

Neural dynamics necessary and sufficient for transition into pre-sleep induced by EEG NeuroFeedback
Kinreich, Sivan and Podlipsky, Ilana and Jamshy, Shahar and Intrator, Nathan and Hendler, Talma
NeuroImage, vol.97, pp. 19-28, 2014
20180125 sfujii

“完全に起きている状態から睡眠前までの移り変わりは,眠り込む直前に毎日発生する.したがってその乱れは有害であるかもしれない.しかし,移り変わりにおける神経相関は,その固有の動態を捉えることが困難なために,不明確なままである.私たちは睡眠前への速やかな移り変わりのためにEEG シータ/アルファニューロフィードバックを使用し,また,状態依存性神経活動を明らかにするため同期したfMRI を使用した.リラックスした精神状態は,副交感神経反応に対応する増強によって確認された.Neurofeedback セッションは,時間的に明確な「クロスオーバ」ポイントとしてマークされた,アルファよりもシータパワー増加のすでに知られているEEG サインに基づいて,成功または失敗として分類されました.fMRI の活性化は,この時点の前後で検討した.成功した睡眠前への移り変わりの間,クロスオーバ前の期間は,主に感覚ゲート関連領域(例えば,中間視床)におけるfMRI 活性の低下に対応するアルファ調節によって示された.並行して,移り変わりには十分ではないが,シータ調節は,辺縁系および自律神経制御領域(例えば,海馬,小脳)における活性の増加に対応した.クロスオーバ後の期間は,前頭部のセイリエンスネットワーク(例えば,前部帯状皮質,前部島)内のfMRI 活性の低下に対応するアルファ調整によって指定され,対照的に,後頭部のセイリエンスネットワーク(例えば,後部帯状皮質,後部島)に対応するシータ調節はによって指定された.私たちの発見は,覚醒状態から睡眠前状態への精神的移り変わりの根底にある多段階的な神経動態を描写している.移り変わりを開始するには,外部への監視における領域での活動の減少が必要であり,移り変わりを維持するためには,それぞれの処理に基いて外部から内部への移行を反映して,セイリエンスネットワークの前頭部と後頭部の間の反対がそれぞれ必要であった.”