運転中のマインドワンダリング:それが何を意味するのか,私たちは何をしているのか?

Mind Wandering While Driving: What Does it Mean and What do we do about it?
Lerner, Neil and Baldwin, Carryl and Higgins, J Stephen and Lee, John and Schooler, Jonathan
Human Factors and Ergonomics Society Annual Meeting, vol. 59, no. 1, pp.1686-1690 , 2015
20171106_yfujiwara

ドライバの注意散漫は,道路の安全性に関わらず,車両の衝突やそれに伴う死亡や怪我などへの影響がある.気を散らした運転は,高速道路の安全性において大きな懸念事項であると認識されている.しかし,現在までの研究では,主に外部の事象や非運転活動における意図的な関与に関連する注意散漫に重点を置いていた.内部のさまよい(マインドワンダリング)は,厳格な調査を必要とするドライバーの注意散漫の重要な原因として認識されている.運転中のマインドワンダリングに取り組むための検出,測定には大きな課題がある.一般的な運転者の注意散漫の知識とこの問題に取り組む際の科学的かつ実用的な問題の両方を議論する.

注意散漫運転中の脳波による注意喚起

EEG-Based Attention Tracking During Distracted Driving
IEEE TRANSACTIONS ON NEURAL SYSTEMS AND REHABILITATION ENGINEERING, VOL. 23, NO. 6, pp. 1085-1094 , NOVEMBER 2015
20170130_yfujiwara

注意散漫運転は多くの悲惨な結果につながる可能性がある.ドライバーの行動を追跡するための対策を開発す るには,デュアルタスク条件での注目の焦点(FOA)と運転者の集中度合いが不可欠である.健康なボランティ ア10 名は車線維持運転タスクと数学的タスク(問題解決タスク)の2 つのタスクを含むデュアルタスク実験に参 加した.脳波(EEG)および行動は同時に記録される.記録されたEEG データから独立した成分を分離するため の空間フィルタとして独立成分分析(ICA)を採用した.FOA 評価システムを構築するために,6 つの成分から 算出したパワースペクトル(正面,中央,頭頂葉,後頭部,左モータ,および右モータ)をラジアル基底関数に基 づいたRBF カーネルを使ってサポートベクターマシン(SVM)に変換する.
このFOA 評価システムは,デュアルタスクの間に達成度と分類精度を検出し,参加者のFOA を評価する.検 出されたFOA は,注意が限定されたため,参加者の認知的注意はタスク間で動的に変化し,全体的なパフォーマ ンスが低下した.この研究を実証した結果,EEG スペクトルを使って,認知的注意を継続的に評価するための実践的システムとしての可能性を証明した.