炎と火炎の画像処理のための自動適応型エッジ検出アルゴリズム

An Autoadaptive Edge-Detection Algorithm for Flame and Fire Image Processing
Instrumentation and Measurement, Vol.61, pp.1486-1493,2012
20151014 ygoto

炎や火炎のエッジは,熱化学反応とないものがある領域の境界を識別するのに重要な観点となっている.画像系早期火炎検知では,火炎の評価とパラメータが重要な役割を果たしている.従来のエッジ検出法で,火炎のエッジを識別するテストはされてきたが,得られた結果は期待外れのものばかりである.これらの手法は,炎や火炎のエッジの連続性と透明性を考慮していない.本論文の,計算アルゴリズムは,連続的に炎,火炎のエッジを画定することが提案されている.このアルゴリズムは,最初の炎/火炎の画像中でエッジ検出して,炎/火炎のエッジを識別し,無関係な成果物を除去する.このアルゴリズムの自動適応機能により,別の火炎画像やビデオフレームでも、アルゴリズムの有効性と堅牢性を証明した.

グラフ理論と動的プログラミングを使用したSD OCT 画像内の角膜層の境界自動分割

Robust automatic segmentation of corneal layer boundaries in SDOCT images using graph theory and dynamic programming

Biomedical optics express, Vol.2, December, 2011, pp.1524-1538
20150812 ygoto

角膜画像内の解剖学的構造のセグメンテーションは、前眼部疾患の診断および研究のために重要である。しかし、手動のセグメンテーションは時間がかかり、主観的な過程が必要である。本稿では、グラフ理論と動的プログラミングを使用してスペクトラルドメイン光コヒーレンストモグラフィ画像内の角質層の境界をセグメント化するための自動でアプローチする方法を提示する。我々のアプローチは,臨床角膜の画像に表示されるロバスト性のある低SNRと異なる対応を使用する.我々は、正常な成人の目でのメソッドセグメントを3角質層の境界をより正確に比較することを示す.
Panorama, Image, wavelets, multiscale

画像フィルタリングのための間隔値ファジィ集合に基づくファジィフィルタ

Fuzzy lter based on interval-valued fuzzy sets for image ltering
Buzzye Sets and Systems, Vol 161, Issue 1, 1 January 2010, pp. 96-117

間隔値ファジィ集合(IVFS)によるファジー画像フィルタは,画像からノイズを除去するために提案されている.提案するフィルタはIVFS エントロピーアプリケーションに基づいている.IVFS を考慮に画像処理に固有の
総不確実性を取ることができ,ノイズ除去に有効である.間隔値ファジィ集合のエントロピーは,最初の段階で,すべての主要で均質な領域を見つけるためにヒストグラム解析を行うためのツールとして使用される.そして、効
率的なピーク発見アルゴリズムは,ヒストグラムの最も重要なピークを同定するために使用される(1)(1)と、ノイズフィルタリング工程(2)(2)の各ノイズ画素の元の値を推定することが提案されている.実験結果での提
案するフィルタは,インパルスノイズを抑制し,ガウスノイズを低減しつつ,画像の詳細を保存する古典的なファジーフィルタを上回ることができることを実証した.本手法の主な利点は,閾値または同調されなければならな
いパラメータの数を制限することである.

マルチスケール幾何学表現と空間の絡み,および方向頻度選択制でのパノラマ

A panorama on multiscale geometric representations, intertwining spatial, directional and frequency selectivity
Singnal Processing, Vol. 91, issue12,December,pp. 2699-2730

20150518 goto

自然のイメージは,画像処理とコンピュータービジョンによって適切に画像を描写する.後の見解で,平滑化
領域の正確な輪郭や質感を再現することに成功した.過去10 年,画像のエッジとパターンのマルチスケールおよ
び順応した特徴を強調することが提案されてきた.本論文は、先にマルチスケール、オリエンテーションベース、
または辞書での分解の全貌を描いている.それらは,一般的に変換されたドメインや,シンプルな形の変化に対し
より良く適し重複する.縦横したマルチスケール辞書は従来のウェーブレット処理を拡大し、回転普遍性を提唱
した.冗長された辞書は効果的な描写の探求をシンプルにするために,特定のアルゴリズムを必要とする.加え
て,マルチスケール幾何学分解は,表面を調和させたような球または非ユークリッドのドメインに拡張すること
について考察している.パノラマの語源は,部分的に重なった画像の選択に基づいた全体像を意味している.本
論文が近年の画像処理の研究の有用性と理解に貢献することを期待している.

画像領域分割における2 順序粒子群最適化アルゴリズムの応用

Application of two-order particle swarm optimization algorithm in image segmentation
Computer-Aided Industrial Design Conceptual Design (CAIDCD), 2010 IEEE 11th International Conference
on (Volume:1),pp.749-752,2010

2 順序粒子群最適化アルゴリズムは2007 年にHu Jianxiu とZeng Jianchao によって2007 年に提示された.本
稿では標準的な粒子群最適化と2 順序粒子群最適化アルゴリズムについて検討している.本稿では,多重閾値領
域分割を行うために変更された2 順序粒子群最適化アルゴリズムを用いる.評価実験では2 順序粒子群最適化ア
ルゴリズムに基づく多重閾値領域分割手法が効果的に画像を分割できたことを示している.

particle swam,optimization,image,segmentation

pdf