ワーキングメモリにおけるDLPFCと海馬の接続性の変化:統合失調症の推定のための独立した遺伝リスクモデルの複製と障害の特異性

Altered DLPFC-Hippocampus Connectivity During Working Memory: Independent Replication and Disorder Specificity of a Putative Genetic Risk Phenotype for Schizophrenia
Michael Schneider, Henrik Walter, Carolin Moessnang, Axel Schafer Susanne Erk, Sebastian Mohnke, Lydia Romund, Maria Garbusow Luanna Dixson, Andreas Heinz
Schizophrenia Bulletin, sbx001, 2017
2017_1107taimoto

“作業記憶中の外側前頭皮質(DLPFC)および海馬の結合性の変化は,統合失調症(SCZ)の表現型と考えられるが,
共通の遺伝的背景を有する他の精神障害との関連性は未知のままである.
ここでは,双極性障害(BD)または大うつ病性障害(MDD)を有する患者のその病気に冒されていない一親等の存在を調べた.さらに私たちは,この表現型の独立した複製を,SCZ患者の一親等にまで提供することを目的とした.
私たちは,N-backタスクにおける,SCZ(n = 62),BD(n = 66),MDD(n = 90)の計218名の患者と
その患者の一親等の健常対照者309名のfMRIデータを取得した.私たちは,DLPFC-海馬(PFWE = 0.031,全てのP値の関心領域[ROI]を補正)に対する有意な群効果を観察した.事後の比較では,この効果は,SCZ親族に由来するものであることが明らかになった.SCZ親族は対照群,BD親族(PFWE = .015)およびMDD親族(PFWE = .082)と比較して,DLPFCおよび右海馬の負の機能的連結性の有意な増加を示した.DLPFCおよび右海馬の負の機能的連結性の有意な増加を示したSCZ親族,MDD親族(PFWE = .082)も同様であった.コントロールに対するBD親族とMDD親族の比較では差はみられなかった(PFWE値$>$ .451).補足分析は,SCZ親族が,構造的差異を含む潜在的ノイズの範囲に対して頑強であることを示唆した.我々のデータは,SCZの中間表現型として,作業記憶中に変化したDLPFC-海馬の接続性をさらに支持する.このことは,この表現型がSCZに比較的特異的であり,気分 – 精神病スペクトルにおける他の遺伝的に関連する障害に影響されないことを示唆している.”