協力時の母子ダイアドにおける脳間同期:fNIRSのhyperscanning研究

Inter-brain synchrony in mother-child dyads during cooperation: An fNIRS hyperscanning study
J.G. Miller, P. Vrti{\v{c}}ka, X. Cui, S. Shrestha, S.H. Hosseini, J.M. Baker and A.L. Reiss
Neuropsychologia, vol. 124, pp. 117-124, 2019.

個人間の協調的な脳活動,つまり脳間同期は,協力時に増加し,協力の成功と相関することが示されている.しかし,親子間の脳間同期と,それが親子関係の意味ある側面と関連しているかどうかを調査した研究はほとんどない.ここで,我々は母子ダイアドが協力的な課題と独立した課題に従事している間の彼らの右前頭前皮質(PFC)と側頭皮質における脳間同期を測定した.我々は母子ダイアドの脳間同期が,(1)協力時に増加するか,(2)母-息子ダイアドと母-娘ダイアドで異なるか,(3)協力行動と愛着関係に関連するかどうかを調べた.右半球,とりわけPFCの右背側部および前頭極における脳間同期が全体的に協力時により高かった.母-息子ダイアドは母-娘ダイアドと比較して,独立した課題時により低い脳間同期を示し,協力に応じて同期性が強く増加を示した.最後に,我々は脳間同期と子供の愛着の間の関連について強力な証拠を見つけられなかった.母-息子ダイアドと母-娘ダイアドでは異なるが,母子協力により脳間同期は全体的に増加する可能性がある.母子協力における全体的な脳間同期の潜在的な役割,および脳間同期と愛着との間の潜在的な関連をよりよく理解するためにはさらなる研究が必要である.