局所フラクタル次元に基づいた大腸ポリープの分類

Local fractal dimension based approaches for colonic polyp classi cation
Medical Image Analysis, vol. 26, no. 1, pp. 92-107, 2015.

20150930 hayashinuma

この研究では局所フラクタル次元(LDF)に基づいたテクスチャ解析手法を導入し,LDFを大腸ポリープ分類に応用する.この手法は,異なるモダリティ(染色または非染色とを組み合わせたペンタックスのi-Scan)を用いて取得された8種類のHD内視鏡画像データベースと,NBI併用拡大内視鏡画像のデータベースによってテストされる.本論文では,LFDに基づいた手法に3つの新たな拡張機能を導入する.これらの拡張機能は既存の手法と差を強調するために画像の形状または勾配情報を抽出する.LFDに基づく手法と他の手法の結果を比較するために,5つの手法で大腸ポリープの分類を行った.結果は,LFDに基づく手法が適していた.3つの提案された拡張機能は,最も良い手法であるか,少なくともいずれかのデータセットで最適な手法となった.また,この手法はさらに一般に使用されているUIUCtexデータベースのテクスチャ画像を用いてテストされた.このデータベースでは,手法の視点不変性が評価される.これは使用する内視鏡画像のデータセットの重要な特徴である.結果は,他の手法と比べLFDベースの手法がより視点不変性があることを示す.しかし,形や大きさ,向きに適応したLFDの手法は他のLFDの手法に比べ一般的に視点不変ではなかった.